« ユーロ圏経済 4-6月(第2四半期)はゼロ成長 | トップページ | 8月米雇用者数は14.2万人増と年初来最低の伸び 失業率6.1% »

2014.09.06

ウクライナは親ロシア派と停戦で合意

 ウクライナ政府は親ロシア派分離主義武装勢力との停戦に合意した。

 この交渉にはウクライナとロシア、一方的に独立を宣言しているドネツクとルガンスクの
   「人民共和国」
および、欧州安全保障協力機構(OSCE)OSCEの代表が参加した。

 

 ただ、ミンスクでの協議の一方で、ブリュッセルでは欧州連合(EU)28カ国の代表らが対ロシア制裁強化の可能性を協議した。

 ロシア国営の防衛・エネルギー企業の一部にEU内での資金調達を禁じる案などがでていると、英当局者が述べた。

 


 
 

 ベラルーシの首都ミンスクでの会議後、OSCEの
   ハイディ・タグリアヴィニ特使
はウクライナ政府と親ロシア派の分離主義者との間で現地時間5日午後6時からの停戦に合意したと記者団に述べた。

 なおOSCEは合意の履行を監視する。

 

 ウクライナのポロシェンコ大統領は声明で、ロシアのプーチン大統領による
   「違法な武装勢力の指導者」
らに対する停戦呼び掛けと
   和平計画
を実践する3者合意のミンスクでの署名を受けて、ウクライナ参謀本部に停戦を命じると表明した。

 同大統領は7月1日に、分離主義者側に100件以上の違反があったとして夏季の停戦を打ち切っていた。


 

 ルガンスクの指導者イゴール・プロトニツキー氏は、ウクライナから分離独立するという「目的」は停戦でも変わらないと述べた。

 この停戦が持続すれば、数カ月にわたる今回の紛争で最大の転換点となる。
 ウクライナ東部の戦闘ではこれまでに2600人以上の犠牲者が出ている。

   
  


 
 
 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

    

   
 
 
 

« ユーロ圏経済 4-6月(第2四半期)はゼロ成長 | トップページ | 8月米雇用者数は14.2万人増と年初来最低の伸び 失業率6.1% »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60267162

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナは親ロシア派と停戦で合意:

« ユーロ圏経済 4-6月(第2四半期)はゼロ成長 | トップページ | 8月米雇用者数は14.2万人増と年初来最低の伸び 失業率6.1% »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ