« 次世代型原子炉の研究開発を再開 | トップページ | 欧州中央銀行(ECB)の景気てこ入れ措置の効果が表れるにはまだ時間がかかることを示唆 »

2014.09.29

日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」―

 「太平洋戦争」「マネー敗戦」に続いての「原子力敗戦」日本は、何に敗れたのか!?。

 日本が再占領されてしまったのは、東日本大震災後の
   菅直人政権
の対応と与野党の右往左往ぶりを見て、同盟国である米国が、日本への信頼性を低下させ
   軽度の破綻国家(フェイルド・ステート)
であると認定したためだ。

 今の日本政府には統治能力なしと、米国が判断した結果、現在の再占領となり、米国内に保有する資産を引き出しにかかったというべきだ。

 そのため、日本国債の暴落を防ぎ償還させるべく、消費税を引き上げ価値を維持する流れを作り出したとも言える。




 
 ・ 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」―





ひとこと

 米国の思惑通りに動く日本。日本人の優秀な労働力を使って製品を作らせ米国人が享受する体制が戦後日本の姿だ。
 
 より良き製品を作っても利益を得ることができず
   奴隷国家
と成り下がった姿を憂う政治家は皆無だ。

 日本のマスコミは欧米や中国、韓国の支援を受けて報道を偏向して垂れ流し日本国民を洗脳していることが多い。TV等を見ないことで愚かな思考が止まることだろう。
 

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

 


 

 

 

« 次世代型原子炉の研究開発を再開 | トップページ | 欧州中央銀行(ECB)の景気てこ入れ措置の効果が表れるにはまだ時間がかかることを示唆 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60587843

この記事へのトラックバック一覧です: 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」―:

« 次世代型原子炉の研究開発を再開 | トップページ | 欧州中央銀行(ECB)の景気てこ入れ措置の効果が表れるにはまだ時間がかかることを示唆 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ