«  ビル・グロース氏はジャナスに移籍 | トップページ | 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」― »

2014.09.29

次世代型原子炉の研究開発を再開

 日本政府は、東日本大震災を受けて停止中の次世代型原子炉として期待される
   高温ガス炉
の試験研究炉(茨城県大洗町)の運転を2015年度に再開し、研究開発を本格化させる方針を固めた。

 

 早ければ10月にも原子力規制委員会に安全審査を申請する。

 

 

 産官学による協議会を年内に設置して
   研究開発の工程表
を作成し、実用化に向けた取り組みを後押しする考えだ。

 

 高温ガス炉は軽水炉と違い、冷却に水ではなく、化学的に安定している
   ヘリウムガス
を使うため、水素爆発などが起きず、安全性が高いとされる。

 

 日本は1990年代から、日本原子力研究所(現在の日本原子力研究開発機構)を中心に高温ガス炉の研究開発を行っており、世界有数の技術の蓄積がある。
 

 

 

    

 試験研究炉では98年、核分裂を連続して発生させる「臨界」に初めて成功したが、震災を受けて2011年3月に愚民政権のエネルギー政策が一方的に強制措置にともない運転を停止させられて以降、研究は進んでいない。

  

 

     

ひとこと

 
 原発施設自体が欧米の技術導入で稼働しているが、古い施設ばかりだ。日本企業の技術は世界最先端を進んでおり、早急に3.5世代の原発に入れ替えるべきだ。

 

 

    


  

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

   

 

 

 
  

 
  
   
  
 
  



 

  

 

 

«  ビル・グロース氏はジャナスに移籍 | トップページ | 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」― »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60392366

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代型原子炉の研究開発を再開:

«  ビル・グロース氏はジャナスに移籍 | トップページ | 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」― »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ