« 欧州中央銀行(ECB)の景気てこ入れ措置の効果が表れるにはまだ時間がかかることを示唆 | トップページ | 米国住宅市場は全体的には拡大しているが回復は道半ば »

2014.09.30

8月の米個人消費支出(PCE)は前月比でプラス

 米国商務省の発表によると、8月のPCEは
    前月比+0.5%
増加した。
 
 

 事前のエコノミスト予想では0.4%の増加だった。

 

 なお、前月はほぼ変わらず(速報0.1%減)だった。

 

 8月の個人所得 は0.3%増加した。

 国内総生産(GDP)の算出に使用するインフレ調整後のPCEは0.5%増と、3月以降で最大の伸びとなった。

 なお、前月は0.1%減だった。

 金融当局がインフレ指標として注目するPCE総合価格指数は
   前年比+1.5%
上昇した。

 食品と燃料を除くPCEコア価格指数は前月比+0.1%の上昇、前年比では1.5%上昇した。

 

 

 

 自動車や家具などの耐久財支出はインフレ調整後で1.9%増(前月 0.1%増)と、5カ月ぶりの大幅な伸びを示した。

 ガソリンや衣料品などの非耐久財は8月に0.3%増えた。

 

 旅行や医療、美容院といったサービス支出はインフレ調整後で0.4%増加した。

 

 可処分所得はインフレ調整後で前月比+0.3%、前年比+2.7%に増加した。

 

 貯蓄率 は5.4%に低下(前月5.6%)した。

 

 賃金・給与は0.4%増と、3カ月で最大の伸びとなった。
 
  

 

 

 

ひとこと

 
 賃金の上昇が見られることから経済回復の勢いが続いている。可処分所得が増加したことでさらに加速することも考えられる。

 

 

    


  

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

   

 

 
 

 

  
   
  
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   

« 欧州中央銀行(ECB)の景気てこ入れ措置の効果が表れるにはまだ時間がかかることを示唆 | トップページ | 米国住宅市場は全体的には拡大しているが回復は道半ば »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60397478

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の米個人消費支出(PCE)は前月比でプラス:

« 欧州中央銀行(ECB)の景気てこ入れ措置の効果が表れるにはまだ時間がかかることを示唆 | トップページ | 米国住宅市場は全体的には拡大しているが回復は道半ば »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ