« ヘッジファンドの原油買い越し減、在庫増加で弱気相場入り | トップページ | ボラティリティ低下で落ち込んでいた為替取引が回復して過去最高を記録 »

2014.10.15

シティグループ 11市場で消費者向け銀行事業から撤退する計画を発表

 米国金融機関大手
   シティグループ
のマイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)は組織構造の合理化と利益増を目指しており、11市場で消費者向け銀行事業から撤退する計画を発表した。
 

 事業売却の大半は着手済みで、発表によれば来年末までに完了する見込み。


 決算の都合上、売却予定の事業を2015年1-3月(第1四半期)に1部門の下にまとめるという。

 

 撤退する11市場はコスタリカとエルサルバドル、グアテマラ、ニカラグア、パナマ、ペルー、日本、グアム、チェコ、エジプト、ハンガリーで、韓国の消費者金融事業からも撤退する。

 なお、これら市場での法人向け事業は続けるという。






 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 
 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報




最近の科学・医療関連記事

 ■ アンチエイジングライフでがん予防
 ■ 中性子性の合体で金やプラチナなどの元素が生成される
 ■ ネオニコチノイド系殺虫剤、鳥の個体数減少にも関連か 英研究

 


 

 

 

 

« ヘッジファンドの原油買い越し減、在庫増加で弱気相場入り | トップページ | ボラティリティ低下で落ち込んでいた為替取引が回復して過去最高を記録 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60480999

この記事へのトラックバック一覧です: シティグループ 11市場で消費者向け銀行事業から撤退する計画を発表:

« ヘッジファンドの原油買い越し減、在庫増加で弱気相場入り | トップページ | ボラティリティ低下で落ち込んでいた為替取引が回復して過去最高を記録 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ