« ECBの景気刺激策は新たなバブルの発生を招く可能性 | トップページ | ルーブル相場の許容変動範囲を0.2ルーブル引き下げ。 »

2014.10.09

連邦公開市場委員会(FOMC、9月16-17日開催)の議事録

  米国連邦準備制度理事会(FRB)が8日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、9月16-17日開催)の議事録によると
   金融政策当局者
は世界的な経済成長減速と米ドル上昇が米国の景気見通しにとってリスク要因になり得ると指摘した。

 

 

 議事録では、多くの会合参加者が
   「海外の経済成長」
が予想よりも弱かった場合、米国の経済成長のペースが予想以上に減速する可能性があると述べていたことが記された。

 また、欧州の景気冷え込みや低インフレが一段のドル高を招く可能性があると一部の委員は述べており、これにより輸出が制限され、当局の目標を下回っている物価の上昇ペースも抑制されかねないとの見解を示した。

 

 

 

 

 

ひとこと

 経済は相互依存関係にあり、いわゆるゼロサム経済だ。他国に利する動きはいつまでも続くことはない。

 経済の歪は修正が起こりうるものであり、お金は流れ続けなければ、価値を失う事になる。原料に価値が転化された場合でも需要が低下すれば価値が殺がれるものである。

 価値の維持をどうするか。それが問題だ。

 価値は労働であり、労働の対価がお金である。

 

 

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 
 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

 

 

« ECBの景気刺激策は新たなバブルの発生を招く可能性 | トップページ | ルーブル相場の許容変動範囲を0.2ルーブル引き下げ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60447176

この記事へのトラックバック一覧です: 連邦公開市場委員会(FOMC、9月16-17日開催)の議事録:

« ECBの景気刺激策は新たなバブルの発生を招く可能性 | トップページ | ルーブル相場の許容変動範囲を0.2ルーブル引き下げ。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ