« シティグループ 11市場で消費者向け銀行事業から撤退する計画を発表 | トップページ | なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか »

2014.10.15

ボラティリティ低下で落ち込んでいた為替取引が回復して過去最高を記録

 世界最大の為替決済システムを運営する
   CLSグループ・ホールディングス
が9月に手掛けた取引高が
   1日当たり5兆9400億ドル(約636兆円)
と、ボラティリティ低下で落ち込んでいた為替取引が回復して過去最高を記録した。

 


 CLSの発表資料によると、同月決済した1日当たりの
   平均取引高
は前月比+21%に増加した。  

 また、件数は9月17日に200万件を上回り、12年前の同社設立以来で最多だった。



  金融政策の方向性が世界の主要国・地域間で乖離しつつあることが、為替市場にボラティリティが戻ってきた理由。  



 英米が利上げに近づく一方、日本とユーロ圏は緩和維持堅持とみられる。


 こうした中、為替のボラティリティ指数は7月初旬の過去最低から45%上昇した。  



 過去数四半期は為替レート操作疑惑をめぐる米英の金融当局の調査強化を受け、低下していた。






 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 
 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報




最近の科学・医療関連記事

 ■ 火星に「謎の光」、NASAは宇宙人説を否定
 ■ 花の寿命を調節する遺伝子を発見
 ■ チベット人の高地適応能力、絶滅人類系統から獲得か

 


 

 

 

 

« シティグループ 11市場で消費者向け銀行事業から撤退する計画を発表 | トップページ | なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60481048

この記事へのトラックバック一覧です: ボラティリティ低下で落ち込んでいた為替取引が回復して過去最高を記録:

« シティグループ 11市場で消費者向け銀行事業から撤退する計画を発表 | トップページ | なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ