« 米国雇用統計 失業率5.9%に改善 、9月は24万8000人増 | トップページ | 9月米雇用統計 失業率が5.9% 08年7月以来の低水準に低下 »

2014.10.04

金融緩和策を解除する際にはその計画内容を明確に伝える必要

 国際通貨基金(IMF)のスタッフリポートが3日発表された。

 このリポートでは新興市場で昨年見られた
   ボラティリティー
の高まりを繰り返さないよう、先進国の中銀当局者は
   金融緩和策
を解除する際にはその計画内容を明確に伝える必要があると指摘している。

 

 先進国経済の金融政策見通しに意外性が生じると、新興市場の
   資産価格
   資本の流れ
に特に強く影響するとの見解を示し、先進国の中銀当局者が明確なコミュニケーションと適切な市場へのガイダンスを示すことが重要だと記載されている。

 また、ボラティリティーのリスクを軽減するための資金アクセスとして中銀間の
   スワップ枠協定の増
加を検討する必要があると指摘した。

 

 米国のバーナンキ前米連邦準備制度理事会(FRB)議長が2013年5月に
   債券購入プログラム
を縮小する可能性に言及すると、新興市場の通貨と資産の売り浴びせが起きた。
 

 この調整はtemper tantrum(かんしゃく)とTaper(緩和縮小)をかけて
   「テーパーかんしゃく」
と呼ばれるようになった。

    

 

 

 

ひとこと 
 

 市場には金融緩和策による資金が溢れており、行き場がない状態となっている。景気回復が遅れると利益を求めて過度に資金が集中して商品市場などでは取引価格が実勢相場よりも高くする動きとなり経済システムに弊害をもたらすことになる。

 

 景気が回復する動きが緩やかになれば資金を生み出す力が市場で回復してくる。物価上昇が引き起こされると当局はインフレを吸収する必要が出てくることから金利の引き上げを模索する。

 景気回復には地域格差が有り歪が生じるため、資金ショートするところも出てきてしまう。

 

 いわば景気回復期の黒字倒産とも言える企業があるのと同じだ。

 

 

    


  

  
  

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

 

 

 

 

« 米国雇用統計 失業率5.9%に改善 、9月は24万8000人増 | トップページ | 9月米雇用統計 失業率が5.9% 08年7月以来の低水準に低下 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60417641

この記事へのトラックバック一覧です: 金融緩和策を解除する際にはその計画内容を明確に伝える必要:

« 米国雇用統計 失業率5.9%に改善 、9月は24万8000人増 | トップページ | 9月米雇用統計 失業率が5.9% 08年7月以来の低水準に低下 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ