« 中国本土の景気への下押し圧力を浮き彫り | トップページ | 現地の状況は極めて緊迫 »

2014.11.14

数滴の血液でアルツハイマー病を発症する前に判定

 国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)や島津製作所(京都市)の研究チームが
   アルツハイマー病
を発症する前に、原因物質が脳内に蓄積しているかを
   数滴の血液
で判定する方法を発見、11日、日本学士院の学術誌電子版に論文を発表した。


 ノーベル化学賞を受けた、同社の田中耕一・シニアフェローの技術を応用したもの。
 



 早期診断や治療薬の開発に役立つ成果として期待される。

 アルツハイマー病の原因物質のアミロイドベータは
   軽度の認知障害
などの症状が出る15~20年前から脳内で蓄積が始まるとされている。

 検出には腰の部分から針を刺して脳脊髄液を採取するなどして調べることになるが、体への負担が大きい。



 研究チームは、田中さんらが開発した質量分析の感度を高めた技術を使い、血液約0・5ミリリットル(数滴分)でアミロイドベータに関連する2種類のたんぱく質の量を比較した。

 これにより9割以上の精度でアミロイドベータの蓄積の有無を判定できたとのこと。

 

 

ひとこと

 分析力の向上で、本質的な部分の状況を把握することが可能という。経済活動における実態を予測するいろいろな経済データで金融市場は影響を受ける。

 そもそも経済指標のデータも経験的な結果を数値化して処理されるもので、人の認識・行動等過去の動きを予測したものに過ぎない。

 ある事象や環境に対して、常に人が同じ行動を起こす確率は高いが 、全て一致するものではないことで揺らぎが生じる。

 取引には相手がいて成立するため、利益を得る者がこうしたデータを信頼すれば、逆に利益を与えたものは前とは異なった動きになるのは当然のことだろう。

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 


 

 

 

 

« 中国本土の景気への下押し圧力を浮き彫り | トップページ | 現地の状況は極めて緊迫 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60649751

この記事へのトラックバック一覧です: 数滴の血液でアルツハイマー病を発症する前に判定:

« 中国本土の景気への下押し圧力を浮き彫り | トップページ | 現地の状況は極めて緊迫 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ