« 国際石油資本による製油所閉鎖や精製事業からの撤退が相次ぐ。 | トップページ | サイバー攻撃について、北朝鮮の犯行との見方を示し、対抗措置を講じる考え。 »

2014.12.21

政策金利をめぐる米国金融当局のガイダンスでは改善実態の把握が追いついていない。

 

 米国フィラデルフィア地区連銀のプロッサー総裁は、19日の声明で、政策金利をめぐる米国金融当局のガイダンスについて
   米国の経済情勢の改善
に追い付いていないとの見解を示した。

 米国経済は予想よりも急速な改善が続いているとの認識を示し、このような力強さを考慮すれば、私は2014年12月の政策に関する声明を支持できないと語った。

 
 

 連邦準備制度理事会(FRB)が16、17両日開催した
   連邦公開市場委員会(FOMC)
では、政策金利をめぐるガイダンスの修正が決まった。

 

今回、FOMCメンバーとして同決定に反対した理由を説明した。

 
 

 FOMCは17日に公表した声明で新たに、利上げ開始まで
   「辛抱強く」
なれると表現とし、政策金利を「相当な期間」にわたってゼロ近辺に据え置くとした従来のガイダンスを変更した。



 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

  

 

 


 

 

 

 

« 国際石油資本による製油所閉鎖や精製事業からの撤退が相次ぐ。 | トップページ | サイバー攻撃について、北朝鮮の犯行との見方を示し、対抗措置を講じる考え。 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60841757

この記事へのトラックバック一覧です: 政策金利をめぐる米国金融当局のガイダンスでは改善実態の把握が追いついていない。:

« 国際石油資本による製油所閉鎖や精製事業からの撤退が相次ぐ。 | トップページ | サイバー攻撃について、北朝鮮の犯行との見方を示し、対抗措置を講じる考え。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ