« 商品の投資判断を「オーバーウエート」とする時期ではない。 | トップページ | 政治資金規正法上問題がない? »

2014.12.20

パソコンのハードディスク(HD)にドリルで穴あけデータを破壊

 

 東京地検特捜部が10月、小渕優子前経済産業相(41)の関連政治団体をめぐる
   政治資金規正法違反事件
で、関係先を家宅捜索した際、会計書類などを保存していたとみられるパソコンのハードディスク(HD)が既に破壊されていたことが19日、メディアによる関係者への取材で明らかになった。

 「小渕優子後援会」など関連4政治団体の2008~13年分の政治資金収支報告書では、観劇会や野球観戦の支出が収入を
   計6000万円以上
上回っていたことが判明した。

 

12年に開催した観劇会については収支ともに記載がなかった。

  
 

 小渕氏の資金問題は10月16日発売の
   「週刊新潮」
が報道した。

 特捜部は捜査の過程でHDが壊されたとの情報を得たため、10月30日以降、元秘書で群馬県中之条町 長を辞職した
   折田謙一郎氏(66)
の自宅や町役場などを捜索したという。

 

関係者によると、その際、ドリルでHDに穴を開けたとみられるパソコンが見つかったとのこと。

 小渕氏の関連政治団体をめぐっては、支援者向け観劇会などの支出が収入を大幅に上回っていたことが判明している。

 

 特捜部はHDが壊された経緯を調べているが小渕氏の事務所はメディアの取材に対し「捜査中なので一切答えられない」と回答したとのこと。

 
 
 
 
 
ひとこと
 
 政治家を取り巻く魑魅魍魎とした環境がコントロールできない政治家には政治を行う資質があるのか疑問があるところだ。
 
 周囲に取り巻く胡散臭いやからの影響を受けてしまう可能性があり、問題の根は深そうだ。
 
 
 
 
   

« 商品の投資判断を「オーバーウエート」とする時期ではない。 | トップページ | 政治資金規正法上問題がない? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60836781

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンのハードディスク(HD)にドリルで穴あけデータを破壊:

« 商品の投資判断を「オーバーウエート」とする時期ではない。 | トップページ | 政治資金規正法上問題がない? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ