« 油値下がりが製造業のコスト引き下げと消費者支出の増加を促す | トップページ | 欧州周辺国債をオーバーウエートとする戦略を継続 »

2015.01.03

12月の製造業総合景況指数は前月から低下した。

 

 米国供給管理協会(ISM)の発表によると、12月の製造業総合景況指数は
   55.5(前月 58.7)
と6カ月ぶり低水準になった。

 事前のエコノミストの予想値では57.5だった。

 

同指数で50は活動の拡大と縮小の境目を示す。

 

 年間ベースで見るとISM製造業景況指数の昨年の平均値は55.8と、2010年以降で最高だった。

 

 12月の指数を項目別に見ると、新規受注は57.3(前月 66)に低下した。
 また、仕入れ価格は38.5と、2012年6月以来の低水準に落ち込んだ。

 
 
 
 
   

« 油値下がりが製造業のコスト引き下げと消費者支出の増加を促す | トップページ | 欧州周辺国債をオーバーウエートとする戦略を継続 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60913375

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の製造業総合景況指数は前月から低下した。:

« 油値下がりが製造業のコスト引き下げと消費者支出の増加を促す | トップページ | 欧州周辺国債をオーバーウエートとする戦略を継続 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ