« ギリシャがユーロ離脱を選択する可能性は低いかも。 | トップページ |  米国の金利は低下傾向が鮮明 »

2015.01.19

2008年6月以来の大きな下げ

 

 中国株式市場では記録的な高水準となっていた信用取引融資の抑制に中国証券監督管理委員会(証監会)が動き、株取引の新規顧客への融資停止処分を下した
   中信(CITIC)証券 (600030 CH)
   海通証券(600837 CH)
は共に値幅制限いっぱいの10%安となるなど、投機的取引を膨らませてきた一部投資家の資金が流出するとの懸念が広がり上海総合指数は
   3116.35(前週末比-7.7%)
と、2008年6月以来の大きな下げで引けた。

 

 同指数構成銘柄の上昇・下落の比率は約1対9だった。

 

100社余りが値幅制限いっぱいの下げとなった。

 

 証監会による今回の処分は、信用取引の買い残急増を当局が抑制しようとしているとの懸念を生んだ。

 

信用取引向け融資残高は13日時点で1兆800億元(約20兆4000億円)に増加した。

 

 昨年6月末は約4000億元だった。

 

 個人投資家の積極的な売買を受け、上海総合指数 は先週までの過去1年で67%上昇した。

 交銀国際の洪灝ストラテジスト(香港在勤)は「当局は株価上昇の勢いとペースの速さを懸念している」と指摘した。

 

 信用取引融資は投資家が証券株に強気になってきた理由の一つ。

 これらの銘柄は特に勢いよく上昇していたと述べた。

  
 
 
 
   

« ギリシャがユーロ離脱を選択する可能性は低いかも。 | トップページ |  米国の金利は低下傾向が鮮明 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60999783

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年6月以来の大きな下げ:

« ギリシャがユーロ離脱を選択する可能性は低いかも。 | トップページ |  米国の金利は低下傾向が鮮明 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ