« 4月より前の利上げの可能性小さいと認識(FOMC議事録) | トップページ | 12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI )速報値 »

2015.01.08

原油相場の反転の時期について語るのは意味がない。

 

 コメルツ銀行の商品調査責任者

   オイゲン・ワインベルク氏
は原油相場の反転の時期について語るのは意味がないと5日に電子メールで記述した。
 
 それは予測不可能で、ファンダメンタルズ面から特定不可能だと指摘した。
 

 北海ブレント原油相場は7日、1バレル=50ドルを割り込んだことについて、原油相場が今は需給よりもセンチメントで動いているためだとメディアの取材で述べた。

 
 
 
 

« 4月より前の利上げの可能性小さいと認識(FOMC議事録) | トップページ | 12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI )速報値 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60940177

この記事へのトラックバック一覧です: 原油相場の反転の時期について語るのは意味がない。:

« 4月より前の利上げの可能性小さいと認識(FOMC議事録) | トップページ | 12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI )速報値 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ