« 世界経済見通しが一段と上向く可能性は低い。 | トップページ | スイスの腕時計メーカーは生き残りに必死 »

2015.01.16

スイス・フランの対ユーロ相場上限撤廃という衝撃

 

 米国最大のリテール(小口投資家)向け外為ブローカーやニュージーランド(NZ)のディーラーにスイス・フランの対ユーロ相場上限撤廃という衝撃が波及した。

 

 前四半期に過去最高の
   1兆4000億ドル(約163兆円)
の個人取引を仲介した米国のFXCMは、スイス国立銀行(中央銀行)によるフランの上限の撤廃決定を 受けた世界的な市場混乱で、顧客口座が同社から
   2億2500万ドル
を借り入れている状態になったと説明した。

 

 同社の自己資本規制の順守が脅かされていることを明らかにした。

 

 グローバル・ブローカーズNZは今回の決定の打撃で業務中断を余儀なくされていると発表した。



 
  

« 世界経済見通しが一段と上向く可能性は低い。 | トップページ | スイスの腕時計メーカーは生き残りに必死 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60984926

この記事へのトラックバック一覧です: スイス・フランの対ユーロ相場上限撤廃という衝撃:

« 世界経済見通しが一段と上向く可能性は低い。 | トップページ | スイスの腕時計メーカーは生き残りに必死 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ