« 「スイスフランショック」の余波 世界的に影響が拡大 | トップページ | 個人投資家 2兆ドル近くに達するスポット相場の4% »

2015.01.17

急激な資本の収縮で損害が拡大

 

 スイス国立銀行(SNB 中銀)が一転してフランの対ユーロ上限(1対1.2)を撤廃した
   「スイスフランショック」
の余波」の影響は銀行大手にも及んでおり、英国の金融大手バークレイズは、数千万ドルの損失を被る恐れがあるという。

 NY市場に上場する外為取引プラットフォーム運営の
   FXCM
は顧客の損失が約2億2500万ドルに上り、この結果、自己資本に関する一部規制に抵触した可能性があるとの見解を示した。

 なお、FXCMをめぐっては、米国の中堅投資銀行のジェフリーズと救済をめぐり協議しているとの関係筋の情報も出ている。

 
 

 ニュージーランドの為替ディーラー
   グローバル・ブローカーズNZ
も、巨額の損失を負って閉鎖に追い込まれた。

 

 個人向けブローカーのアルパリUKは16日、顧客の損失を肩代わりせざるを得ない状況に追い込まれたとして破産を申請した。

   
   

 米国のオンラインFX(外国為替証拠金取引)取引サービス会社
   
ゲインキャピタルホールディングス
は16日、市場の混乱の中で利益を確保したと明らかにし、財務基盤の力強さにより市場シェアを拡大できるとの見通しを示しており、すべての為替業者が損失を被った訳ではない。

 
 

   
  

« 「スイスフランショック」の余波 世界的に影響が拡大 | トップページ | 個人投資家 2兆ドル近くに達するスポット相場の4% »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/60986290

この記事へのトラックバック一覧です: 急激な資本の収縮で損害が拡大:

« 「スイスフランショック」の余波 世界的に影響が拡大 | トップページ | 個人投資家 2兆ドル近くに達するスポット相場の4% »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ