« 景気と労働市場の判断は引き上げ(FOMC) | トップページ | コアインフレを示すトリム平均は前期比+0.7% »

2015.01.29

米ドル高や金利上昇、米景気の改善が安全資産としての需要を抑える。

 
 
 シンガポールの地場3大銀行の1つであるオーバーシーズ・チャイニーズ銀行(OCBC)によると、各国・地域の中央銀行は1980年代終盤から約20年にわたって金の保有を減らしたという。
 
 その後、資産分散化を志向し保有を拡大している。

 オーバーシーズ・チャイニーズ銀行(OCBC)のエコノミスト
   バーナバス・ガン氏(シンガポール在勤)
は電子メールで「これまでに中銀の購入が金価格を幾分支えたと考えられる。
 
 

 これは短期間とどまる可能性が高いとの見解を示した上で、金をめぐる最も重要なポイントは米ドル高や金利上昇、米景気の改善が安全資産としての需要を抑え、2015年は投機的な需要が低調にとどまる公算が大きいことだとメディアの取材で述べた。

 
 

 

« 景気と労働市場の判断は引き上げ(FOMC) | トップページ | コアインフレを示すトリム平均は前期比+0.7% »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61051608

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル高や金利上昇、米景気の改善が安全資産としての需要を抑える。:

« 景気と労働市場の判断は引き上げ(FOMC) | トップページ | コアインフレを示すトリム平均は前期比+0.7% »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ