« ユーロ圏財務相会合での相違点は主に、交渉の基盤をどこにするかといった点。 | トップページ | 為替相場の推移 »

2015.02.13

ユーロ圏の第4四半期域内総生産(GDP ) 前期比+0.3%

 

 ユーロ圏経済はドイツが再成長のけん引役を担い昨年10-12月(第4四半期)に勢いを増しギリシャとイタリアの弱さを補った。

 欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が13日発表したユーロ圏の第4四半期域内総生産(GDP )は
   前期比+0.3%
と、前四半期の0.2%増から加速した。

 まとめたエコノミスト予想(前期比+0.2%)も上回った。

 

 ユーロ圏経済は長期にわたる低迷を脱しつつあるものの、物価下落と反緊縮のギリシャ新政権のリスクが影を落とす。

 一方、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)開始の予定が既にユーロと債券利回りを押し下げ、追い風となっている。 

 

 ドイツの第4四半期成長率は前期比0.7%と、予想の2倍以上だった。フランスは予想と同じ0.1%に減速した。

 ギリシャは4四半期ぶりにマイナス成長に悪化、イタリアは2四半期連続のマイナスの後はゼロ成長となった。 
 
  

 

ひとこと

 ユーロ経済圏の景気回復の勢いが乱れている。ある程度均一的に拡大しておれば問題はない。

 景気回復のスピードが異なれば、歪が出やすくなる。

 労働力の移動ができず、対策は資金提供による市場の拡大に絡むものだけだ。

 
 
 
    
 
 
 
 
 

 

« ユーロ圏財務相会合での相違点は主に、交渉の基盤をどこにするかといった点。 | トップページ | 為替相場の推移 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61130935

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ圏の第4四半期域内総生産(GDP ) 前期比+0.3%:

« ユーロ圏財務相会合での相違点は主に、交渉の基盤をどこにするかといった点。 | トップページ | 為替相場の推移 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ