« 12月のドイツ鉱工業生産 | トップページ | 1月12日以来ほぼ4週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。 »

2015.02.07

外貨準備高に550億フランの評価額目減り

 

 BNPパリバが6日公表された外貨準備高のデータから
   スイス国立銀行(中央銀行)
は1月に外国為替市場で少なくとも
   580億スイス・フラン(約7兆4000億円)相当
のフラン売り介入を実施したと推計した。

 中銀によれば、1月の外貨準備高は4984億フランと、昨年12月の4951億フランから増加した。

 BNPの欧州担当エコノミスト、エブリン・ハーマン氏はリポートで外貨準備高のデータには、1月15日のフラン上限撤廃により生じた少なくとも
   550億フランの評価額目減り
が含まれると指摘した。

 

これに基づき、1月の為替介入は少なくとも580億フラン規模だったと見積もった。

 中銀が為替介入に加え、預金金利をさらに0.5ポイント引き下げマイナス1.25%にする必要に迫られるだろうと述べ、3月19日に予定される次回会合よりも前に実施に踏み切る可能性があるとの見方を示した。

 

 中銀がフランの上限を導入した2011年8月の介入規模は710億フランだった。

 

 欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)発表が近いとみられ、さらにロシアをめぐる緊張が高まっていた昨年12月は320億フランだった。

   
 
 

 
  

« 12月のドイツ鉱工業生産 | トップページ | 1月12日以来ほぼ4週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61095020

この記事へのトラックバック一覧です: 外貨準備高に550億フランの評価額目減り:

« 12月のドイツ鉱工業生産 | トップページ | 1月12日以来ほぼ4週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ