« 過激派の支配地域での海上封鎖などを提案 | トップページ | イエメン国内の南北対立が激化 »

2015.02.15

ギリシャの将来の資金繰り

 

 ギリシャの将来の資金繰りをめぐり、ギリシャと公的部門の債権団は、16日にブリュッセルで開く
   ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)
での妥結を目指し、週末も協議を続けるという。

 ただ、総額2400億ユーロ(約32兆円)に上る対ギリシャ救済策で個別国として最多の資金を負担し、その見返りに改革実行と歳出削減を主唱するドイツは、今月末に期限切れを迎える現行プログラムの延長に応じるようツィプラス政権に求めている。


 

 反緊縮を掲げるギリシャの
   ツィプラス新政権
は、ギリシャの経済的苦境の元凶と主張する
   現行の救済プログラム
からの脱却と、対外債務のデフォルト(債務不履行)を回避するためのつなぎ融資を確保しながらの新たな救済策の獲得を狙っているとのこと。

 

 ギリシャは賃金引き上げなども新プランに盛り込んでいる。

 しかし、ユーログループ議長を務めるオランダのデイセルブルム財務相は13日、ハーグで記者団に対し、ギリシャは多くを望んでいるが、そのための資金はほとんど持ち合わせていない。
 それが真の問題だと語るなど債権団の支持はあまり得られていない。


 

 ユーロ圏各国政府を含む債権団側は仮にギリシャの要求に屈すれば、反緊縮を訴えるスペインの左派政党ポデモスなどを勢いづける可能性があるため、支出が拡大していく可能性もあり困難な立場に置かれている。

  
 
  
 
   

« 過激派の支配地域での海上封鎖などを提案 | トップページ | イエメン国内の南北対立が激化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61138071

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャの将来の資金繰り:

« 過激派の支配地域での海上封鎖などを提案 | トップページ | イエメン国内の南北対立が激化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ