« マカオ政府は中国本土からの訪問制限の検討を表明 | トップページ | 緊急会合の開催を予定していない。(OPEC) »

2015.02.25

貴金属の価格操作の捜査

 
 

 米国司法省の反トラスト(独占禁止)局は世界の主要銀行が金や銀といった
   貴金属の価格操作
に関与していなかったか調査していることが、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 司法省は銀行間金利や外国為替市場の指標操作をめぐり刑事捜査に踏み切っており、貴金属にも対象を広げて調べを進めている。

 非公開情報であることを理由に関係者の1人が匿名を条件にメディアの取材で語った。

 
 
 
 
    

 

 英国の金融大手バークレイズや米国の同業JPモルガン・チェース、ドイツ銀行など少なくとも10行を対象に初期段階の調査が行われている。


 

 HSBCホールディングス は23日、司法省と米商品先物取引委員会(CFTC)から貴金属取引に関する文書の提出を求められたことを明らかにした。

 同行は調査に協力しているとしている。

 

 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ 米紙)は、クレディ・スイス・グループとUBSグループ、米銀ゴールドマン・サックス・グループ、 仏銀ソシエテ・ジェネラル、ノバスコシア銀行、スタンダード・バンク・グループも調査対象としていると先に報道した。 


 
 
   

« マカオ政府は中国本土からの訪問制限の検討を表明 | トップページ | 緊急会合の開催を予定していない。(OPEC) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61189869

この記事へのトラックバック一覧です: 貴金属の価格操作の捜査:

« マカオ政府は中国本土からの訪問制限の検討を表明 | トップページ | 緊急会合の開催を予定していない。(OPEC) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ