« 金の安全プレミアム | トップページ | 短期的なドル下落の可能性 »

2015.03.28

年内に利上げ開始へ、その後のペースは緩やかに

 

 米国の連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は27日、サンフランシスコで講演で年内の利上げを予想した。

 年内にフェデラルファンド(FF)金利誘導目標の引き上げが正当化されるような状況になると私はみていると語った。

 さらに、自身と他の金融当局者は総じて、FF金利は今後数年にわたり、どちらかと言えば緩やかに引き上げられるのが適切だと想定していると述べた。

 

 初回利上げ後の見通しについては、定期的な間隔で同じような利上げ幅となる「あらかじめ決まった引き締めコース」はたどらないと話した。

 

 経済状況の変化に伴い、政策の実際の軌道も変化すると述べ、実体経済とインフレの実際の動向、および予想される動向次第では、引き締めは加速や減速すると述べた。

 なお、一時停止するかもしれず、巻き戻しの可能性さえあると続けた。

 

 さらに、ゼロ付近にある金利は労働市場のスラック(たるみ)を「大幅に縮小」させるのに貢献したとした上で、小幅な利上げがその進展を止める「可能性は非常に低い」と指摘した。 

  
 
 
 

ひとこと

 利上げの幅は小さければ消費者へのインパクトは少ないと考えるが、賃金の上昇が期待される場合の話だけであり、そうした環境が整わない場合には消費意欲が減退してしまうことになる。

 こうした動きでは経済の流れに変化が生じてしまい思惑通りには事が運ばない。

  
 
 
 
 

 


 
 

   

 
  
 
    

« 金の安全プレミアム | トップページ | 短期的なドル下落の可能性 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61348668

この記事へのトラックバック一覧です: 年内に利上げ開始へ、その後のペースは緩やかに :

« 金の安全プレミアム | トップページ | 短期的なドル下落の可能性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ