« ギリシャ 2月に銀行預金が流出し、残高が10年ぶり低水準。 | トップページ | 年内に利上げ開始へ、その後のペースは緩やかに »

2015.03.27

金の安全プレミアム

 

 トロントに本社機能を置くカナダ五大銀行のひとつの傘下にあるBMOキャピタル・マーケッツの商品トレーディング担当ディレクター
   タイ・ウォン氏

はメディアとの電話インタビューで、アラビア半島で紛争が拡大するとの懸念で金の安全プレミアムが高まったと指摘した。

 米ドルの軟調が続いていることも金を支えていると述べた。 
 
  

 

ひとこと

 紙幣の信頼性は価値を国家が保証する意味合いがあり、国家の力を反映したものだ。

 円安は奴隷国家を作ろうとする政治家には必要なのだろう。視点を変えれば馬鹿げた話だろう。

 円高の予防などは円紙幣を刷って経済市場に流し続けて需要を満たす水準まで増えてしまえば、下落するだけだった。

 紙幣を増やすための費用は紙代と印刷費程度で安価なものだ。

 愚かにも、日本国債を国内の金融機関が購入したことで円安になれば物価が上昇してインフレ傾向が強まり、保有する国債の価値が低下して身動きが取れなくなってしまう。

 日露戦争時の戦費国債の発行では負ける国家の国債を購入するところは少なく買い叩かれた結果、日本が勝手も国債の支払いに追われる羽目になってしまった。

 

 円高時であれば、額面に近い低金利で国債を海外投資家にさばくことが出来ただろう。そもそも、円高自体が、80円割れまで進むことも起きなかった。市場に投資家が保有を望む円が大量に流れることとなり、慌てて買う理由がなくなるためだ。

 

 投資家の心理を読めない日本の売国奴ともいえる欧米や中国・韓国の権益拡大に勤しむ政治家や日銀、マスコミでは国力を低下させるだけであり問題の根は深い。

 今円安が強まり、輸入物価の急騰でインフレになれば、金融債券の国債が暴落し、価値が低下するため、金融破綻が引き起こされる。また、海外資産の価値が収益以上に上がり、課税対象となるが、現金が用意できない企業が続出することになりかねない。

 政府日銀は信用の崩壊を防ぐためにさらに市場に投入する資金が必要になりいつまでたっても国家の財政が良くならない。

  
 
 
 
 

 


 
 

   

 
  
 
    

« ギリシャ 2月に銀行預金が流出し、残高が10年ぶり低水準。 | トップページ | 年内に利上げ開始へ、その後のペースは緩やかに »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61343689

この記事へのトラックバック一覧です: 金の安全プレミアム:

« ギリシャ 2月に銀行預金が流出し、残高が10年ぶり低水準。 | トップページ | 年内に利上げ開始へ、その後のペースは緩やかに »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ