« 中国経済は逆風継続 | トップページ | プラチナの余剰供給がはけるのは2年から2年半先 »

2015.03.06

重火器を撤去する取り組みを強化する姿勢(ウクライナ)

 

 ウクライナ軍は5日、親ロシア派武装勢力との同国東部の戦闘地域の前線から
   多連装ミサイル「グラート」
を撤収すると明らかにしtあ。

 

週末にかけて撤去対象を広げる方針を示し、重火器を撤去する取り組みを強化する姿勢を明らかにした。

 

 ドイツは先月成立した最新の停戦合意以降、戦闘抑止で進展が見られ「戦闘が激減した」と指摘しながらも、停戦合意は「崩れかねない」との認識を示した。


 

 ロシア軍は1年前に併合したクリミアなどで演習を開始した。

 

 ウクライナ軍のリセンコ報道官は「重火器の移動は欧州安保協力機構(OSCE)とメディアによる常時監視の下で実施される」とキエフで発言した。

 しかし武装勢力が攻撃を仕掛けてくるようであれば、ウクライナ軍司令部はこれらを速やかに再配備する用意があると続けた。

 
 

 
    

« 中国経済は逆風継続 | トップページ | プラチナの余剰供給がはけるのは2年から2年半先 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61236794

この記事へのトラックバック一覧です: 重火器を撤去する取り組みを強化する姿勢(ウクライナ):

« 中国経済は逆風継続 | トップページ | プラチナの余剰供給がはけるのは2年から2年半先 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ