« ギリシャの2月経常収支が9.29億ユーロの赤字に拡大 | トップページ | 売上高270億ドル超の巨大ジェネリックメーカーが誕生? »

2015.04.21

ギリシャの銀行への支援縮小を検討(ECB)

 

 欧州中央銀行(ECB)の政策委員会はギリシャの銀行にこれ以上の支援を提供することへの抵抗が強まっているため、リシャの銀行向けの緊急流動性支援(ELA)の縮小を検討しているという。

 関係者が匿名を条件にメディアの取材で述べたところによると、ECBスタッフは市中銀行がギリシャ銀行(中銀)から借り入れる際に差し出す担保のヘアカットを拡大することを提案した。

 

 まだこの措置について政策委員会は正式に協議していない。

 ユーロ圏財務相らをギリシャの指導者らが経済改革は可能だと早急に納得させ支援を確保できなければ検討される公算が高いという。

 

 ギリシャの銀行はECBの通常のリファイナンスオペからほぼ締め出されており、現在はギリシャ中銀が提供するELAに頼っている状況にある。

 ELAの上限は徐々に引き上げられ
   約740億ユーロ(約9兆4400億円)
となっている。

 

ELA上限は今週、見直しが行われる。

 

 ECBスタッフはギリシャの銀行が一定の担保に対して借り入れられる金額を減らす3つの選択肢を示した。

 

ELAでのヘアカット率は公表されていない。

 

 ギリシャ国民が銀行から預金を引き揚げる中で、中銀がELAで預金流出の穴を埋めている状態。

 ELAの上限は必要資金に対して30億ユーロ程度の余裕がある水準だと当局者の1人が述べた。

 
 

 
   

« ギリシャの2月経常収支が9.29億ユーロの赤字に拡大 | トップページ | 売上高270億ドル超の巨大ジェネリックメーカーが誕生? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61473746

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャの銀行への支援縮小を検討(ECB) :

« ギリシャの2月経常収支が9.29億ユーロの赤字に拡大 | トップページ | 売上高270億ドル超の巨大ジェネリックメーカーが誕生? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ