« ものは言いようだが... | トップページ | コンピューター・アルゴリズムは急激な変動には対応が出遅れ収益確保が弱い? »

2015.05.03

充電中に携帯電話が「爆弾」?

 

 中国の法制晩報は1日、河北省石家荘市内の村で3月4日、屋内で充電しながら通話していた携帯電話が突然爆発する事故が発生、使用していた23歳の女性が死亡する事故が発生したと報じた。(関連記事)

 

 この女性の友人によると、女性は同日夜に同市内の賃貸住宅内で交際相手と携帯電話で通話していたという。

 途中で女性が応答しなくなったため、交際相手が女性宅を 訪ねたところ、手に充電中の携帯電話を持っていた女性の心臓部分が焼け焦げ、すでに呼吸が止まっているのを発見したとのこと。

 

 なお、女性が死亡した具体的な原因についての結論は出ていない。


 

 現在の携帯電池は普通はリチウム電池が使われており、危険の発生率は1億分の1から1億分の3だが、一方で、携帯電話に関連する事故の80%は充電中に起きている。

 

 河北工業大学の専門家は、充電による高電圧状態で通話などの操作を行った場合
   質の悪い充電器
の使用や電子部品の劣化、水濡れなどを原因とした漏電が起きるため、充電中に携帯電話が「爆弾」と化す可能性もあると指摘た。

 短時間に過大な電流が人体を通過することで、死に至るリスクが高まる。

 

 対策としては充電時には携帯電話の使用を避けるとと もに、燃えやすい物が近くにない広い場所で行うこと。

 また、毎日一晩中充電する人がいるが、長時間の充電は避けること。

 電池や充電器は日常的にチェックし、劣化 した充電器や、電池パックが変形していたり、異臭がしたりする電池は使用しないことなどが考えられる。

 
 
 
 
   

« ものは言いようだが... | トップページ | コンピューター・アルゴリズムは急激な変動には対応が出遅れ収益確保が弱い? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61530727

この記事へのトラックバック一覧です: 充電中に携帯電話が「爆弾」?:

« ものは言いようだが... | トップページ | コンピューター・アルゴリズムは急激な変動には対応が出遅れ収益確保が弱い? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ