« ロシアを排除できない状況 | トップページ | シー・シェパード 仮処分命令に反し、妨害を継続させた賠償を支払うことで合意。 »

2015.06.09

大がかりな改造を発注した造船所は、正式認可を受けていなかったと報道

 

 中国湖北省の長江(揚子江)で乗客乗員456人を乗せた
   大型客船「東方之星」
が転覆した事故で、遺体収容作業は9日までに大半が終わり、原因究明に焦点が移っている。

 中国紙、新京報は1994年就航の「東方之星」を所有する汽船会社が、97年と2008年の2回にわたって大がかりな改造を発注した造船所は、正式認可を受けていなかったと報道した。

 所有会社が乗客数を増やして収益を上げようと、当初は2階建てだった客室を4階建てにしたため、重心が上がって不安定な構造になった。

 また、客室とデッキをつなぐ通路までつぶして客室部分を増やしており、安全対策上でも問題があった。

 

 乗客乗員456人を乗せた大型客船「東方之星」が中国湖北省の長江(揚子江)で転覆した事故で、遺体収容作業は9日までに大半が終わり、原因究明に焦点が移っている。


 

 竜巻が原因だとする船長の証言に対しても、遺族らの不信感が募っている。

 

 国営中央テレビによると死者は9日までに計434人となった。 

 

生存者は14人で、行方不明者は8人になった。

 

 江蘇省などからの高齢者の団体旅行客が大半で、外国人は乗船していなかった。

   
 
 
 
 
   

« ロシアを排除できない状況 | トップページ | シー・シェパード 仮処分命令に反し、妨害を継続させた賠償を支払うことで合意。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61719206

この記事へのトラックバック一覧です: 大がかりな改造を発注した造船所は、正式認可を受けていなかったと報道:

« ロシアを排除できない状況 | トップページ | シー・シェパード 仮処分命令に反し、妨害を継続させた賠償を支払うことで合意。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ