« ギリシャの銀行支援の増額を24時間内に再検証 | トップページ | 9月利上げの確率は約50% »

2015.06.24

ダウ・ケミカルの除草剤に発がん性?

 

 世界保健機関(WHO)は広く使用されている米国の総合化学メーカー
   ダウ・ケミカル
の除草剤を発がん性物質のリストに加えた。

 

WHOは3カ月前には米国のモンサントのグリホサート除草剤に発がんリスクがあるとの評価を下し、反発を招いていた。

  

 フランスのリヨンに本部を置くWHOの下部機関、国際がん研究機関(IARC)は23日の声明で、動物実験による限定的証拠と人間での一部データに基づき、2,4-ジクロロフェノキシ酢酸(2,4-D)は「人間にがんを誘発する可能性がある」と指摘した。  

 なお、農薬のリスク評価を行う別のWHO関連機関が1963年以来、5度にわたって調査を行ったが、発がん性の証拠は見つかっていない。

 

 ダウ・ケミカルはメディアの取材に対し、2,4-Dのインダストリータスクフォースに依頼するよう求めた。

 

 モンサントは3月、「ラウンドアップ」の商品名で同社が販売しているグリホサート除草剤ががんを引き起こすとしたIARCの指摘に対して反発した。

 こうした分類は「無責任」であり、「都合の良い部分だけを取り出した」データによるものだと強く反論した。

 

 
    

« ギリシャの銀行支援の増額を24時間内に再検証 | トップページ | 9月利上げの確率は約50% »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61784822

この記事へのトラックバック一覧です: ダウ・ケミカルの除草剤に発がん性?:

« ギリシャの銀行支援の増額を24時間内に再検証 | トップページ | 9月利上げの確率は約50% »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ