« ドイツは「いつでも」ギリシャと交渉する用意ある . | トップページ | 「需給ファンダメンタルズはあまり良くない」 »

2015.07.01

ユーロ圏に新たな救済プログラムをギリシャ首相が要請

 

 財政破綻が目前に迫っているギリシャのチプラス首相は30日、欧州安定化メカニズム(ESM)から
   新たな2年間の救済
を受けるべくプログラムの設定を要請したと首相府が発表した。

 ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は30日夜に電話会議でギリシャの要請を協議すると、デイセルブルム議長(オランダ財 務相)が発表した。

 この声明によると、プログラムは今後2年間の同国の資金ニーズを満 たす規模で、債務再編を含む。


       

 ギリシャ政府はユーロ圏内で「実行可能な合意」が成立することを目指し、交渉を続けるとしている。

 ただ、提案の中にはこれまでの交渉で求められてきた経済改革措置は含まれていない。    

 

 

 ギリシャ政府は30日期限の国際通貨基金(IMF)への支払いを履行できないことを認めた。

 なお、現行の救済プログラムは7月1日午前0時で終了する。    

 

 ドイツのメルケル首相は30日ギリシャが新たな要請を出す前に、現行プログラム終了に触れ、それ以外の展開を示唆するものはないと述べていた。

 ショイブレ独財務相はベルリンで議員らに、ギリシャの有権者が国民投票で緊縮を拒否した場合も同国が当面はユーロ圏にとどまるだろうと述べていた。    

 

 

 債権団との週末の交渉は決裂し、チプラス首相は7月5日に緊縮措置について国民投票を実施すると宣言している。

 欧州首脳らは投票について、事実上ユーロ圏残留の是非を国民に問うものになると告げていた。

 

 

 

 

« ドイツは「いつでも」ギリシャと交渉する用意ある . | トップページ | 「需給ファンダメンタルズはあまり良くない」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61819929

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ圏に新たな救済プログラムをギリシャ首相が要請:

« ドイツは「いつでも」ギリシャと交渉する用意ある . | トップページ | 「需給ファンダメンタルズはあまり良くない」 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ