« ヒトの手はチンパンジーより原始的 | トップページ | プエルトリコ債は暴落 債務再編では額面の60%バックかも »

2015.07.16

労働市場は改善,年内利上げ開始の可能性高い(FRB議長)

 米国連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は15日、下院金融委員会が開いた公聴会で証言した。

 この半期に1度の金融政策に関する議会証言で、労働市場と経済の一段の改善に向け見通しは良好だとし、年内に利上げを開始する方針を維持する姿勢を示した。

 

 経済が予想通り前進していけば、年内いずれかの時点でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標 引き上げが適切になる可能性が高いと指摘した。

 経済成長が「年末にかけて力強さを増し、失業率は緩やかに低下する」と金融当局者らは見込んでいると説明した。

 その上で利上げ開始の時期は、その後の利上げの道筋ほど重要ではないとあらためて強調した。

 利上げペースは緩やかなものになると説明した。

 また当局による年内の利上げ見通しはあくまで予測であり、「ある特定の時期に利上げするとの意図を示したステートメントではない」と言明した。

 

 労働市場では一層の改善が見られ、インフレ率が中期的に2%に向けて戻っていくと「合理的に確信」した場合に利上げを実施するとあらためて表明した。 

 

 なお、証言内容は10日の講演と同様だった。


 証言ではギリシャ情勢への懸念をあらためて示したほか、新たに中国を海外のリスクとして挙げた。

 

 海外の経済成長が広く見込まれているよりも速いペースで上向き、米国の経済活動は追加的な支援を得られる可能性があると述べ、楽観的な認識を示した。  

 

 上期の成長を抑制していた一時的な影響が薄れ、原油安による消費増加が一層確実なものになるのに伴い、米経済は一段と速いペースで回復する可能性があると指摘した。


 労働市場の状況は大幅に改善したものの、連邦公開市場委員会(FOMC)の判断としては、最大限の雇用とはまだ一致していないと説明した。

 

 不確かながら賃金の伸びが上向いている兆候が見られるものの、相対的に抑制された状況が続いており、スラック(たるみ)を示す他の兆候と整合的だと述べた。





 

« ヒトの手はチンパンジーより原始的 | トップページ | プエルトリコ債は暴落 債務再編では額面の60%バックかも »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/61893708

この記事へのトラックバック一覧です: 労働市場は改善,年内利上げ開始の可能性高い(FRB議長) :

« ヒトの手はチンパンジーより原始的 | トップページ | プエルトリコ債は暴落 債務再編では額面の60%バックかも »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ