« オーストラリア準備銀行の金融政策四半期報告書 | トップページ | 第3次ギリシャ救済、10日までの覚書合意目指し交渉。 »

2015.08.08

7月米雇用者数 21万5000人増 なお、失業率と労働参加率は横ばい

 

 7月の米雇用統計では、早ければ9月の利上げ開始に向けて準備を進める金融当局が望むような形で労働市場が改善していることが示された。

 

 米国労働省の7日発表によると、7月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は
   前月比+21万5000人
の増加となった。

 事前のエコノミスト予想では22万5000人増だった。

 

前月は23万1000人増(速報値22万3000人増)に上方修正された。



 また、家計調査に基づく失業率は5.3%で前月から変わらずだった。
 これは景気後退期にあった2008年4月(5.0%)以来の低水準であった。

 

 平均時給は24.99ドルで、前年比2.1%増となった。
 市場予想は2.3%増でやや弱い数値であった。
 前月比は0.2%増。

 

 平均労働時間は34.6時間に増えた。

 

 労働参加率 は62.6%で前月から変わらずだった。

 

 部門別に見ると、製造業 は1万5000人増と、1月以降で最大の伸びとなった。
 小売りは約3万6000人増、ヘルスケアと娯楽はそれぞれ約3万人増えた。

  

   
  
   
        
 
 
 
 
 
            

« オーストラリア準備銀行の金融政策四半期報告書 | トップページ | 第3次ギリシャ救済、10日までの覚書合意目指し交渉。 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/62039830

この記事へのトラックバック一覧です: 7月米雇用者数 21万5000人増 なお、失業率と労働参加率は横ばい:

« オーストラリア準備銀行の金融政策四半期報告書 | トップページ | 第3次ギリシャ救済、10日までの覚書合意目指し交渉。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ