« 朝鮮半島の有事 米軍が戦争勃発時の計画を再検討  | トップページ | フィッシャーFRB副議長の発言で米ドルが急上昇 »

2015.08.28

「事なかれ主義」をやめ真実を追求すれば中国は崩壊する時期が早まるだけだ。

 

 中国政府はこのほど、住宅事業を期限通りに着工させない職務怠慢などがあったとして、吉林、遼寧など7省の地方幹部59人を処分したと27日付で中国各紙が伝えた。

 こうした大量処分の背景には
   習近平指導部
が推進する反腐敗運動で摘発を恐れる役人の
   「事なかれ主義」
が広がり、経済減速を招いているとの強い危機感がある。

 李克強首相は26日、経済改善のための行政簡素化策などを討議した会議で
   「見せかけの行為は厳しく調査する」
と役人の怠慢を非難した。

  
 
 

ひとこと

 見せかけが重要な共産主義国家であることが中国の政治体制を維持しているのだろう。「事なかれ主義」をやめ、過去の歴史の真実を国民に知らせれば共産党は中国国民から排撃されることになる。

 欺瞞的で偏向的な歴史観による反日教育を江沢民政権以降強化し、多くの国民の意識に植えつけ過去の真実を知らせていない。
 例えば、毛沢東政権における1億人ともいわれる犠牲者や満州人の清朝が辛亥革命で滅んだのちの軍閥が互いに抗争し群雄割拠の時代に社会が混乱し秩序が乱れ、匪賊等が暴れまわるなど殺伐とした社会が続いていたことだ。

 治安を維持することもできずにいるなかで上海租界で自衛的な日本軍に頼る多くの親日的な中国人を漢奸とみなして日々数百人単位で公開処刑を続け、斬首した首を鳥かごに入れ晒すなどの蛮行が南京等でも行われたという。
 これが南京大虐殺にすり替えられている。

 そもそも更衣兵はパルチザンと同じであり、ウィーン条約の捕虜としての扱いは受けず、即時処刑していくのは欧米、ソ連、中国でも同じだ。

 日本軍が南京に入れば、郊外に退避していた南京市民が一緒に戻り、国民党などに加担した更衣兵や国民党軍に協力した住民に対し、こうした状況を目撃した遺族等による復讐が行われるのはやむを得ないことだろう。

 真実を明らかにすれば、国民党も中国共産党も中国国民の支持を得ることはできなくなるだろう。

   
 


最近の科学・医療関連記事






 
 
     

   



 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は27日、中国こそが最大の民主国家だと胸を張って言わなければならないと呼び掛ける論評記事を掲載した。

 北京外国語大のトップを務める韓震同大党委員会書記による記事は西側諸国のメディアが
   「一種の価値観の操作」
をして、中国を「民主国家」のリストから外そうとしていると主張した。

 こうした「操作」から抜け出して発言権を西側か)奪い取らなければならないと訴えた。

 その上で中国の政治制度は民主制度の範囲内だと強調した。

 中国国民が自分たちで民主国家だと認定しなければ
   「非民主的な国家」
だということを認めてしまうことになると結んでいる。

 
 
 
 

ひとこと

 自画自賛で中国が民主国家と主張するが、公安要員が1億人もいて常時中国国民を監視している社会が民主国家と言えるのか疑問だろう。

 

 中国の政治制度は民主制度の範囲内というのも、中国共産党の高級幹部や家族等に限っての話でしかない。 




最近の経済関連記事






 
 
    

 

« 朝鮮半島の有事 米軍が戦争勃発時の計画を再検討  | トップページ | フィッシャーFRB副議長の発言で米ドルが急上昇 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/62169760

この記事へのトラックバック一覧です: 「事なかれ主義」をやめ真実を追求すれば中国は崩壊する時期が早まるだけだ。:

« 朝鮮半島の有事 米軍が戦争勃発時の計画を再検討  | トップページ | フィッシャーFRB副議長の発言で米ドルが急上昇 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ