« 8月の独企業景況感指数は予想に反して上昇 | トップページ | 米金融当局は「わずかな」利上げ後に量的緩和再開? »

2015.08.27

売春あっせんの疑いで「エスコート」紹介サイト、CEOらを逮捕

 

 インターネット上で男性の「エスコート」を紹介するとうたい、売春をあっせんしていた疑いで、広告サイト
   「レントボーイ・ドット・コム
の最高経営責任者(CEO)ジェフリー・ヒュラント容疑者(50)ら7人が25日午前に逮捕され、ニューヨーク・ブルックリンの連邦地裁に出廷した。

 

 連邦検察は同サイトについて
   合法性を装い
ながら、実際はネット上の売春宿として、不法に多額の利益を得ていたと述べた。

 このサイトは1997年、男性エスコートの広告サイトと称して開設され、性的サービスの宣伝料として月額59.95ドル(約7200円)から数百ドルの会費を徴収していた。

 2010年以降の収益は1000万ドル余りに上ったと推定される。

 

 同サイトに入る前に表示される注意書きには「性的サービスの宣伝やセックスの見返りに料金を請求する活動など、不法行為には利用できないと書かれている。

 

 検察は「不法な売春の宣伝を目的として作られたサイトだ」と主張している。

 連邦当局は25日午前、同社のニューヨーク事務所を捜索し、文書やコンピューターなどを押収した。

 

 さらに、6つの銀行口座から不当な収益とされる計140万ドルを押収した。

 

 州境や国境をまたいだ売春あっせんなどの行為は連邦犯罪として裁かれる。

 

 ヒュラント容疑者らは有罪となった場合、最大で禁錮5年、罰金25万ドルの刑を言い渡される可能性がある。 




最近の経済関連記事






 
 
    

 

« 8月の独企業景況感指数は予想に反して上昇 | トップページ | 米金融当局は「わずかな」利上げ後に量的緩和再開? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/62161599

この記事へのトラックバック一覧です: 売春あっせんの疑いで「エスコート」紹介サイト、CEOらを逮捕:

« 8月の独企業景況感指数は予想に反して上昇 | トップページ | 米金融当局は「わずかな」利上げ後に量的緩和再開? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ