« 9月の米雇用増加が追い風 米ドルに先高観 | トップページ | 金属箸から可溶性ニッケルを検出 »

2015.09.27

情報流入で北朝鮮の体制は崩壊寸前

 

 北朝鮮の公安当局は、韓流ドラマや外国映画の流入を警戒している。

 娯楽の少ない北朝鮮ではこうした海外文化の情報流入は一向に止まらない。

 

 一般庶民のみならず、幹部クラスでも自国の面白くもない作品よりも「外国映画を見たい」という、娯楽を楽しむという欲求は止められない。

  しかし、下手に発覚して最悪の場合には愚かな指導者への媚びをうる公安要員の手柄のために公開銃殺に処される可能性もある。

  

 表もあれば裏もあるのが世の常であり、当局の取り締まりを逃れる「新手の裏ワザ」が編み出されていると内部情報に詳しいものからメディアに伝えられてきた。 

 その「裏ワザ」とは外国映画の字幕を「韓国式」ではなく「北朝鮮式の字幕」にすることだという。

 

 

見聞きすればすぐに判別できるため「新手の裏ワザ」とは、この相違点を逆手に取って「北朝鮮式の字幕」にすることで抜け道を作った。

 北朝鮮式字幕であれば、正規ルートの外国映画と言い訳が出来るため、最近、北朝鮮の高級幹部たちから、中国の輸入業者に「北朝鮮式の字幕」が入っている外国映画を仕入れて欲しいと要求するケースが増えている。

 

その後、文化芸術省傘下の「外国映画翻訳創作団」で外国映画の翻訳、字幕作業が行われ、字幕入り外国映画が大量に供給されるようになった。

 字幕が北朝鮮式なら、外国映画の流入取り締まりを担当する

   保衛部(秘密警察)

の取り締まりに遭っても、これは政府から供給されたものだといくらでも言い訳できる。 

 保衛部(秘密警察)も、個々のケースについて、逐一労働党中央の宣伝扇動部に確認できない。

 また、そうした立場でもないことから、結局は見逃されてしまうという。

 
 逆に、思想的、政治的に問題がなくても、外国映画に「韓国式字幕」が入っていれば問題になりかねないという。

 

 なかには、韓流コンテンツを視聴した罪と同様に扱われる事例もある。

 過去、北朝鮮で放映されるすべての映画は「朝鮮語吹替」だった。

 

 原語は禁止されていたが、故金正日主席は「人民に外国語の勉強をさせよう」と指示を下し、字幕が導入された歴史がある。

 

 

ひとこと

 思い上がった国の指導者の末路はチャウシェスクと同じだろう。いつになるかは不明だが、愚か者の指示を受ける軍人等が粛清され続けてはいつまでも持つことはないあろう。

 

 

 



     
 
     
 
          
 
 
 
 
      

 

« 9月の米雇用増加が追い風 米ドルに先高観 | トップページ | 金属箸から可溶性ニッケルを検出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/62366213

この記事へのトラックバック一覧です: 情報流入で北朝鮮の体制は崩壊寸前:

« 9月の米雇用増加が追い風 米ドルに先高観 | トップページ | 金属箸から可溶性ニッケルを検出 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ