« 国際的な視点を持たなかった中央銀行は? | トップページ | 米ドル高は金が売られる主な要因 »

2015.09.12

世界的な景気減速や金融市場の乱高下を背景に経済見通しに陰り。

 

 米国の9月のミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は
   85.7(前月 91.9)
と1年ぶりの低水準となり、世界的な景気減速や金融市場の乱高下を背景に経済見通しに陰りが生じた。

 前月比での下げ幅としては2012年末以来の最大となった。

 

 なお、事前のエコノミスト予想値は91.1だった。


 現在の景況感を示す指数 は100.3(前月 105.1)に低下し、11カ月ぶりの低水準となった。

 また、6カ月後の先行き景況感を示す期待指数 は76.4(前月 83.4)と、1年ぶりの低水準となった。

 

 1年先のインフレ期待値 は2.9%(前月 2.8%)に上昇した。
 また、5-10年先のインフレ期待値も2.8%(前月 2.7%)に上昇した。

 
 
 
  

« 国際的な視点を持たなかった中央銀行は? | トップページ | 米ドル高は金が売られる主な要因 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/62263945

この記事へのトラックバック一覧です: 世界的な景気減速や金融市場の乱高下を背景に経済見通しに陰り。:

« 国際的な視点を持たなかった中央銀行は? | トップページ | 米ドル高は金が売られる主な要因 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ