« ブラジル・リオ オフィス空き室増加 | トップページ | 世界的な景気減速や金融市場の乱高下を背景に経済見通しに陰り。 »

2015.09.11

国際的な視点を持たなかった中央銀行は?

 

 カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)のストラテジスト

   パトリック・ベネット氏
はメディアとのインタビューで利上げで為替が高騰し、不景気となり、お金利を引き下げるといったことは、国内経済ばかりに目を向け、国際的な視点を持たなかった中央銀行の例だと指摘した。
 
 問題は、米国の金融当局が金利正常化を開始できるのか、その後に景気がどうなるかだと語った。
 
 
 9月16、17両日開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げを見込んでいる。
 
 米国が「アイデアとテクノロジーの輸出国だから」という理由から米ドルは上昇するだろうが、為替動向が米経済に及ぼす影響は比較的軽微とみているという。
  
 
 
 
   

« ブラジル・リオ オフィス空き室増加 | トップページ | 世界的な景気減速や金融市場の乱高下を背景に経済見通しに陰り。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/62261620

この記事へのトラックバック一覧です: 国際的な視点を持たなかった中央銀行は?:

« ブラジル・リオ オフィス空き室増加 | トップページ | 世界的な景気減速や金融市場の乱高下を背景に経済見通しに陰り。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ