« 銅を扱う電線業者等の事業はかなり好転 | トップページ | OPECが経済刺激措置を実行? »

2015.12.09

ルーブル安で 11月のロシアの新車販売が42.7%減と今年最大の落ち込み。

 

 欧州ビジネス協会(AEB)が8日発表した資料によれば、ロシアの11月の新車販売(軽商用車を含む)は
   前年同月比-42.7%(10月 同-38.5%)
と今年最大の落ち込みとなり、ルーブル安が低迷に拍車をかけている状況が明らかになった。

 なお、需要の急速な冷え込みで新車販売は11カ月連続で前年割れとなっている。

 このままロシアのリセッション(景気後退)は2年目に入る恐れがある。

 

 資源価格の下落やウクライナ問題に対する欧米の経済制裁に伴い、ルーブル安が進行して輸入物価の上昇を引き起こしておりロシア国内のインフレを煽り、10年余りにわたり景気を後押ししてきた家計の購買力を損ねていると見られる  

 
 
 
 
 
ひとこと
 
 輸入物価の上昇が家計を圧迫している。国力を表すのが為替相場だ。円安を誘導する動きは余りにも愚かで国力を棄損し日本人の価値を低くすることが政治家やマスコミは理解できていない。
 
 輸出産業の思惑通りに国の政策が誘導されるのは、国際資本の掌の上に乗りただで踊らされているのと同じだ。
 
 まるで奴隷貿易時代のように日本人を働かせし続け、国際資本は遊ぶといった構図を形成している。
 金利を低利に置くのも同じだろう。あくせくして働いたお金を貯めても、貯めたお金を安く借りて享楽を味わうのは欧米国際資本という流れがあることをもっと考えるべきだろう。
 
 財政改革、郵政民営化などの行政改革等と主導した愚かな政治家のはいごに国際資本の影がちらついていることに注意を払うべきだろう。
  
 
 戦略国際問題研究所の資金は誰が負担し、参加している人材の背景はどのようになっているのか...この研究所で若手政治家が所属していたことについても意識すべきだ。
 
 
 
 
  
    

 

« 銅を扱う電線業者等の事業はかなり好転 | トップページ | OPECが経済刺激措置を実行? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/62832870

この記事へのトラックバック一覧です: ルーブル安で 11月のロシアの新車販売が42.7%減と今年最大の落ち込み。:

« 銅を扱う電線業者等の事業はかなり好転 | トップページ | OPECが経済刺激措置を実行? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ