« OPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論み | トップページ | ユーロ圏 11月インフレ率0.1% ECB総裁の金融緩和拡大決定を後押ししそう »

2015.12.02

12月のFOMC決定に向けマーケットは「神経質」になっている

 

 米国金融当局の中で最もハト派寄りの当局者の1人であるシカゴ地区連銀のエバンス総裁は、1日、ミシガン州イーストランシングで講演、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を控えて神経質になっていることを明らかにした。

 この会合では約10年ぶりとなる利上げが決定されると広く見込まれている。

 

総裁は今年のFOMCで投票権を持つ。

 

 総裁は、利上げを開始する前に「インフレ率が確実に上向き始める」というより強い確信を持ちたいとの自身の見解をあらためて表明した。

 さらに、利上げ開始の具体的な時期にかかわらず、フェデラルファンド(FF)金利が2016年末時点でなお1%未満であることが適切となる可能性が高いと考えられると加えた。

 

 また、利上げ開始後に当局が「将来の利上げを漸進的に行っていく方針を強く、効果的に伝達する」ことが不可欠だと述べた。

 
 

 
    

« OPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論み | トップページ | ユーロ圏 11月インフレ率0.1% ECB総裁の金融緩和拡大決定を後押ししそう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/62791117

この記事へのトラックバック一覧です: 12月のFOMC決定に向けマーケットは「神経質」になっている:

« OPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論み | トップページ | ユーロ圏 11月インフレ率0.1% ECB総裁の金融緩和拡大決定を後押ししそう »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ