« 円は主要16通貨全てに対して値下がり。 | トップページ | 香港ドルの取引のリスク拡大か? »

2016.01.31

物言う投資家の標的になる可能性

 

 CLSAのアナリスト
   マイク・メイヨー氏
は29日の調査リポートで、米国の金融機関大手
   バンク・オブ・アメリカ(BOA)
について、低いバリュエーション(株価評価)と「お粗末な」効率性により、スピンオフ(事業の分離)などの
   再構築策を株主に求められる公算
が大きくなっていることを理由に挙げ、投資判断を「セル」から「バイ」に引き上げた。

 BOAの株価は年初から28日まで20%下落した。

 景気が拡大しているにもかかわらず、リセッション(景気後退)にあるような値動きとなっていると、指摘した。

 

 なお、1月の金融株の大幅下落で、同行の株価は有形資産の簿価を下回っている。

 

 2010年からバンク・オブ・アメリカ(BOA)を率いている
   ブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)
は事業再編のため、600億ドル余り相当の資産を売却した。

 しかし、投資家がBOA資産に同行の主張するような価値がないと考えているか、資本コストを上回るリターンを達成する経営陣の能力を疑問視していることを示すという。

 

 これが安全域を投資家に与えており、同行の各事業の価値は現在の時価総額よりも40%高くなっていると記した。

 

   
 
   

« 円は主要16通貨全てに対して値下がり。 | トップページ | 香港ドルの取引のリスク拡大か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/63144438

この記事へのトラックバック一覧です: 物言う投資家の標的になる可能性:

« 円は主要16通貨全てに対して値下がり。 | トップページ | 香港ドルの取引のリスク拡大か? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ