« 地球上で最大の人間の移動となる「中国の春節」で燃料需要が拡大 | トップページ | 中国 地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備を牽制 »

2016.02.07

北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射期間を「7~14日」 に前倒し

 日本政府は6日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射期間を「7~14日」 に前倒ししたことを受け、警戒態勢の構築を急いだ。

 

 破壊措置命令に基づく自衛隊の迎撃態勢や警報システムを速やかに整え、国民の安全確保に万全を期す方針。

 

また、米韓両国などと連携して引き続き情報収集に努める。

 

 政府は6日、発射期間の前倒しについて各都道府県に通知した。

 

 実際にミサイルが発射されれば、緊急情報ネットワークシステム「エムネット」や全国瞬時警報シス テム「Jアラート」を通じ、迅速に情報を伝達する。

 なお、5日のJアラート訓練では、沖縄県内の一部自治体でトラブルが発生したため、再点検して発射に備える。

 
 

 安倍晋三首相は6日夜、東京・富ケ谷の私邸から首相公邸に移り、7日からの発射期間入りに備えた。

 

これに先立ち、首相官邸では
   西村泰彦内閣危機管理監
や関係省庁の局長級幹部らが対応を協議した。

 

外務省は岸田文雄外相を本部長とする緊急対策本部を設置した。

 防衛省は6日夜、中谷元防衛相らが参集して緊急幹部会議を開いた。

 

 北朝鮮の動向について情報収集・分析を進め、ミサイル本体や破片の落下に備え、海上配備型迎撃ミサイルSM3を搭載したイージス艦や地対空誘導弾パトリオット(PAC3)による迎撃態勢を取ることを確認した。

 

 この会議後、記者団に「7日午前7時半までに所要の態勢が整う予定だ。いかなる事態にも万全の態勢を取るため、情報収集、警戒監視に努める」と述べた。

 

    
 
   

« 地球上で最大の人間の移動となる「中国の春節」で燃料需要が拡大 | トップページ | 中国 地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備を牽制 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/63176592

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射期間を「7~14日」 に前倒し:

« 地球上で最大の人間の移動となる「中国の春節」で燃料需要が拡大 | トップページ | 中国 地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備を牽制 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ