« 核兵器搭載可能なミサイルを北朝鮮が開発した可能性が高い | トップページ | 不都合な事実は地中に埋めてしまうのは中国と同じ思考だ »

2021.04.01

言論統制が行われている社会は不自由だろう

 

 言論統制が行われ反日教育を強化している文大統領率いる韓国政府の統一部では31日、米国務省が発表した韓国の人権報告書に北朝鮮への体制批判ビラ散布の禁止を盛り込んだ
   「南北関係発展に関する法律」
が批判されたことに関連し
   北朝鮮住民の知る権利
より、南北境界地域の住民の権利を侵害する方法で行われてはならないと論点のすり替えを行い、正当化を主張した。
 
 統一部の当局者は同日、報道陣の質問に対し、親北朝鮮政策を最優先とする韓国政府も北の住民の知る権利の増進と(北朝鮮への)情報流入拡大の重要性を明確に認識し、努力していると釈明した一方で、この取組みが南北境界地域の住民の生命、身体、平和など他人の権利を侵害する方式で行われることは望ましくないと自己弁護して答えた。
 
 韓国政府は国際社会や国内外の非政府組織(NGO)などと協力して、北朝鮮住民が外部の世界について正確な情報を得る方法を引き続き模索し、努力していくと説明した。
 ただ、米国務省が発表した報告書の内容自体については北朝鮮の反発を恐れてか
   「直接論評しない」
と述べるにとどめた。
 
 米国務省は30日(現地時間)に発表した人権状況に関する20200年版の年次報告書で、韓国の重大な人権問題の一つとして「北朝鮮に向けたビラ散布の違法化を含む表現の自由の制限」を挙げた。
 韓国では30日、南北境界地域でのビラの散布などを規制する
   「南北関係発展に関する法律」
一部改正案が施行されている。 

 

ひとこと
 
 政府主導で反日行動が強化され、親日派の言論を封圧してきた韓国メディア工作を考えれば言論の自由も中国共産党政府同様に選択的だ。
 
 抵抗勢力や自由主義派には言論の自由が与えられておらず、常に考案部門の監視下にある社会であり、政権奪取までは自由や人権、平和などを主張するが、反党的な活動や親日的な活動は市民団体を使って押さえつける場面も多い。
   
 真実を主張する論文なども認めずにあらゆるツールを使って黙らせる社会は不自由な社会だ。
 日本の与野党でもネタボケたのか愚かな主張や罵詈雑言の発言をしている中国や韓国の工作を受けているかの如き政治家が社会を秩序を破壊し続けているように見える。
   
   

« 核兵器搭載可能なミサイルを北朝鮮が開発した可能性が高い | トップページ | 不都合な事実は地中に埋めてしまうのは中国と同じ思考だ »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 核兵器搭載可能なミサイルを北朝鮮が開発した可能性が高い | トップページ | 不都合な事実は地中に埋めてしまうのは中国と同じ思考だ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ