« 信頼が確立できていない仮想通貨の値動きの荒さ | トップページ | 封鎖を回避する動きか? »

2021.03.29

中国関連情報に忖度するのか?

 

 共産党独裁国家の中国政府は民族浄化制作を強化し、諸民族の文化や習慣を破壊し漢民族に組み込んできた。
 
 中国政府は新疆ウイグル自治区の人権問題を理由とした制裁措置への報復として、米国とカナダの個人や団体に対する制裁を発表した。
 
 中国西部の新疆ウイグル自治区で生産される綿花がウィグル民族の政治犯などによる強制労働によって生産されている問題で対立がエスカレートしている。

  
 中国外務省は27日、カナダの議員1人と人権に関する議会委員会、および米国国際宗教自由委員会(USCIRF)の責任者らを対象とした制裁措置を発表した。

 同委員会は先に、新疆ウイグル自治区問題での米、カナダ、欧州連合(EU)による中国制裁を称賛していた。

  
 中国外務省はこの制裁について、米国とカナダが1週間前に発表した措置への報復であることを明らかにした上、両国の措置は「うわさと偽情報」に基づいていると批判した。
 
 中国政府は主権と安全、利権を守ることを「断固決意」しているとした上で、当事国は「状況を明確に理解し誤りをただす」ようにと要求した。
 
 
ひとこと
 
 こうした動きを中国や韓国の工作を受けているのか公共放送や民間放送は日本国民に情報を伝えることを忖度し制限しているのは問題だろう。
 
 特に公共放送は法律で受信料をという利権を与えられており、日本国民へ情報を流す義務がある。
 何もしないどころか、中国や韓国の工作化にある情報操作を繰り返すのであれば、受信料という利権を廃止し、早急に分割民営化すべきだ。
 
 問題は与野党に公共放送の支援を受けている代議士がいることだ。
 

 

   
     

« 信頼が確立できていない仮想通貨の値動きの荒さ | トップページ | 封鎖を回避する動きか? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信頼が確立できていない仮想通貨の値動きの荒さ | トップページ | 封鎖を回避する動きか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ