« ポンコツ戦闘機だが、韓国軍の軍備増強には警戒が必要 | トップページ | 意のままに世論を操る韓国の裏側 »

2021.04.10

自由に意見が言えない中国

 

 出入国在留管理庁によると、2020年末の時点の在留外国人は
   288万7116人
で、このうち中国人が77万8112人と27%を占めている。
 
 帰化した外国人を除外した上でも、新型コロナの影響で前年より減少したが、それでも多くの中国人が日本で暮らしている。

 中国メディアの捜狐はど、「なぜ多くの中国人が日本に定住するのか」と問う記事を掲載し、この理由について分析した。
 
 理由はそれほど複雑ではないと結論づけている。

 この記事によると、日本に定住する理由について中国人に質問したところ「日本に行ってみれば分かる」との答えがよく返ってくると伝えた。
 
 実際、日本で暮らすことを決めるのに「十分な理由付け」や「思想の格闘」をする必要などなく具体的な理由があったとしても、人によって異なるので参考にはならないと記事は指摘した。

 中国の政府公安部門の監視にさらされ、黒社会の跋扈や治安の悪さ、中国共産党員の横暴で理不尽な環境の悪さと比較すれば、日本に住むことの利点は非常に多いと言えるようだとしている。
 
 空気や道路がきれいで生活環境が良いこと、医療システムが整備されていること、食品が安全でおいしいこと、治安が良くて生活コストもそれほど高くないこと、中国との時差が1時間だけで便利なことなどがあるという。

 これらは「日本が好き」という感情が基軸にある」と分析した。それは、だそうだ。「あまりに単純で面白みのない理由だが、これが現実だ」と指摘し、やはり実際に日本に行ってみると多くの人が日本を好きになり、好感を持つようになると説明した。

 祖国の中国ではなく日本での定住を望む人が多いというのは、それだけ中国の生活が大変ということだろう。
 
 
ひとこと
 
 そもそも、中国漢民族は満州族の清朝に明朝が滅ぼされ習慣が変えられ弁髪などの生活様式が矯正された歴史があり、数万人の避難民を江戸幕府は引き受け、同化させている。
 また、李氏朝鮮王朝の苛烈な身分制度を逃れて、豊臣秀吉の軍に協力した朝鮮族を引き連れ日本に帰化したものも多く朝鮮陶工なども各大名に保護されている。
 
 近年度では満州族の支配から離脱する反乱を起こした中国からの亡命者を受け入れ保護し、金品や武器弾薬類を提供したことで辛亥革命が成功したことすら意図的に隠している中国政府である。
 
 過去繰り返された中国王朝の興亡では多数の中国人が日本に亡命しているとも言え、生活習慣の同化においても根底に通じるものがあるのだろう。
 
 いくら虚偽の情報を刷り込んで反日的な思考を作り出しても、天に唾を吐く行為であることを中国や韓国は意識する必要があるだろう。
 もともと、中国では辛亥革命以降の軍閥割拠で相争い、治安が維持できておらず、治安を安定化させてきた日本軍への協力者や住民も多数存在するが、自由に真実を語れない環境を作り出し、対立軸を先鋭化させることで政権を維持しているともいえる。
 
 
   

« ポンコツ戦闘機だが、韓国軍の軍備増強には警戒が必要 | トップページ | 意のままに世論を操る韓国の裏側 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポンコツ戦闘機だが、韓国軍の軍備増強には警戒が必要 | トップページ | 意のままに世論を操る韓国の裏側 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ