« 米国の労働環境は回復基調 | トップページ | 戦略的な動き »

2021.04.19

中国の金融支配への対応が必要

  
 米国トランプ大統領時代の国家安全保障担当の大統領副補佐官
   マシュー・ポッティンジャー氏
は、中国に関する連邦議会・行政府委員会(CECC)で、トランプ政権が中国に対して取った行動のうち、中国を最も動揺させたのは、「人道に対する罪や自国民に対するジェノサイドを公に訴えたことだ」と証言した。
 
 ポッティンジャー氏は、あらゆる機会を利用して、米国人が何のために立ち上がるのか、誰のために立ち上がるのかについて議論する場を設けるよう、議会に要求した。


 また、中国は欧米の資本を利用することで、世界の自由市場システムをさまざまな形で利用していると述べたうえ、ウォール街は中共が自由世界に対して存亡をかけた戦いを仕掛けているという現実を直視しなければならないと続けた。


   

« 米国の労働環境は回復基調 | トップページ | 戦略的な動き »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国の労働環境は回復基調 | トップページ | 戦略的な動き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ