« 言論統制が行われている社会は不自由だろう | トップページ | 融資先の問題点を総合的に把握しているのか疑問 »

2021.04.02

不都合な事実は地中に埋めてしまうのは中国と同じ思考だ

 
 外務省アジア大洋州局長
   船越健裕氏
と、韓国外務省の李相烈(イ・サンリョル)アジア太平洋局長は1日、東京都内で対面による局長協議を開催した。

 元慰安婦らの訴訟や日本の高校教科書の記述内容などを巡る2国間問題などが議題に持ち出す動きが見られる。
 これまで様々な歴史問題で衝突を画策してきた韓国だが朝鮮反応南部で発掘した古墳から不都合な真実が明らかになるため急きょ埋め戻してしまった。

 反日左翼政権の文大統領を支持する左翼系メディア「ハンギョレ」(電子版)は過日
   朝鮮半島最大の古代の墓
を発掘し開けた直後に閉じた理由はとのタイトルで朝鮮半島で最大の古代の単一の墓が、新年の始めについに開かれたことを伝えた。

 考古学者らは真実を隠蔽すべくす調査もせずに土で覆い埋めてしまったことに失望したという。

 全羅南道にある韓国最大の古墳「長鼓峰古墳」を発掘したところ、5~6世紀の日本の前方後円墳とほぼ同じだったため、不都合な歴史が明らかになることを恐れ韓国政府主導のもと埋めてしまったと見られる

 日本の前方後円墳は3世紀からあるため今回の古墳は6世紀前半のものと推定され倭人(日本人)の墳墓の可能性が高いためだ。

 日本書紀に記述がある、古代朝鮮にあったヤマト政権の領土
   任那(みまな)日本府
の存在を肯定する材料になるためだ。

 韓国の歴史観からは日本の領土が古代に朝鮮半島南部にあったことが明確化すれば、竹島どころか朝鮮半島南部を侵略したのが朝鮮族ということにもなり、韓国メディアなどが、韓国政府の指導により、これまで日韓併合だけでなく、豊臣秀吉の朝鮮出兵、果ては鎌倉時代の倭寇まで持ち出して、日本は昔から韓国を侵略、蹂躙してきたたという根拠がなくなり、反対に日本の領土を侵略した過去の歴史を韓国自らが修正し日本に朝鮮南部の領土を返還し、賠償金と謝罪を行う必要が出てくるのは明らかだ。

 虚偽の歴史を並べ立ててきた虚構国家の真実を明らかにするため、朝鮮半島南部の古墳はすべて発掘すべきだろう。

 

    

« 言論統制が行われている社会は不自由だろう | トップページ | 融資先の問題点を総合的に把握しているのか疑問 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言論統制が行われている社会は不自由だろう | トップページ | 融資先の問題点を総合的に把握しているのか疑問 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ