« 五輪マフィアの言いなりか? | トップページ | 景気回復が遅れる元凶の無能政治家や官僚は切り捨てるべき状況 »

2021.05.29

アフリカ並みの接種率の低さは政治家の無能を表す数値だ

 

 韓国メディアのニュース1は「世界3位の経済大国である日本がなぜ…『ワクチン接種率108位』で五輪危機」と題する記事で東京五輪が2カ月後に迫る中、米国務省が日本に関する渡航情報を4段階で最も厳しい
   渡航中止の勧告
に引き上げたとした上で「問題は、今回の米国の発表以前から日本国内で五輪開催に対して否定的な声が出ているという点だ」と指摘した。
 
 旭日旗に似た社旗でも韓国から批判を受けたことがない朝日新聞が今月15~16日に実施した世論調査では、回答者の83%(先月比14%増)が東京五輪を「中止すべき」もしくは「延期すべき」と答えていた事も伝えている。

 英統計専門サイトによると、日本で少なくとも1回のワクチン接種を受けた割合は3.9%で世界平均の9.2%にも満たず、世界最低水準。ワクチン接種先進国のイスラエル(62.8%)、英国(54.2%)、米国(47.3%)に比べ大幅に遅れているだけでなく、インド(10.4%)、インドネシア(5.1%)にも遅れをとり、世界100位前後のミャンマー、マレーシア、アジアやアフリカの発展途上国と同水準。

 
ひとこと
 
 感染力の差が遺伝子であれば、欧米の感染爆発に対応した新型コロナワクチンの効き目が日本人にとって有効なのか、あるいは将来、このワクチンを接種したことで体の抵抗力が低下し、別の疾病にかかるリスクが高くなるかは不明な状況やワクチンの体内での残留期間も短いといった研究データも出ており、急ぐ必要などなかったためだ。
 
 ただ、ここに来て変異したインド株は遺伝子等の関係からか日本人などに感染しやすいという状況になっている。
 欧米のワクチンの開発は従来とは異なっており、接種を拒否する医療関係者も多い現実をマスコミは情報として流すことを抑制しているといった話もある。
 
 従来のワクチン開発には時間がかかるが、日本製の4つのワクチンが承認待ちの状態で放置されているように日本国民には見える。
 欧米の成約メーカーの権益確保と五輪開催を最優先にする忖度政府と女衒官僚の暴走が日本国民の健康と生命、財産を侵食し続け、国際資本に金を貢ぐ姿など卑しさばかりが目につく状況だ。
 
 野党も解散を恐れるなどと言うが、同じ穴の狢でしかない。
 
 
    

« 五輪マフィアの言いなりか? | トップページ | 景気回復が遅れる元凶の無能政治家や官僚は切り捨てるべき状況 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 五輪マフィアの言いなりか? | トップページ | 景気回復が遅れる元凶の無能政治家や官僚は切り捨てるべき状況 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ