« ワクチン外交 | トップページ | 東京株式市場は反発 »

2021.05.16

外国政府の日本国民の生命を委ねる大馬鹿政権

 

 米国元ホワイトハウス首席戦略官兼上級顧問で白人至上主義的思考の強い
   スティーブ・バノン氏
は5日、海外華人団体
   Himalaya Hawk Squad(ヒマラヤ鷹隊)
のインタビューで、1989年の「六四天安門事件」の後、中国共産党が滅びるはずだったと語った。
 当時のジョージ・H・W・ブッシュ(ブッシュ・シニア)元大統領が阻害するような行為をしなければ、中国は文化大革命(1966年〜1976年)の間に生まれた20代の若者たちに打倒されただろうと続けた。
 
 1989年6月、鄧小平の意思を受けた中国政府は天安門広場での民主化運動を弾圧した民主派の学生を虐殺した「六四天安門事件」の後、ブッシュ元大統領が、中国を制裁するよう求める世界的な圧力を受け、米中の軍事交流と武器販売を停止したが、米国の「アジア協会」の中国事務サイトに掲載されているブッシュ元大統領図書館から入手した
   機密解除文書
によると、ブッシュ元大統領が当時ホワイトハウスの国家安全保障顧問を務めた
   ブレント・スコウクロフト将軍
   ローレンス・イーグルバーガー元国務副長官
を密かに北京に派遣し、鄧小平氏をはじめとする中国高官らと会わせたことが明らかになった。
 
 同文書によると、「六四天安門事件」から半年以内に、ブッシュ元政権は鄧氏に2度手紙を出したうえ、北京に特使を派遣し、米国は中国と協力して困難な時期を乗り越えることを強調したという相反する行動が取られていたことが示された。
 
 当時、国際社会の制裁を受けた中国が裏で密約した米国政府の実質的な支援を受けて死に体の中国政権が「塩魚が寝返りを打つ」ことができ、生き延びれたと批判した。
 
 バノン氏は、「中国国民の自由は、あらゆる問題の核心である。彼らは何千年にもわたる奴隷の足かせを打ち破っており、超近代的な殺人犯罪組織である中国共産党政府があらゆる先端技術を駆使して行う圧迫を受けなくなっている。圧迫は数十年も続いており、終わらせなければならない。中国の人々はきっと自由になるだろう」と述べた。

 

ひとこと
 
 米国政府の二枚舌政策はブッシュに限ったことではない。
 腹のある首相は米国情報機関の工作により醜聞のレッテルを貼り権力を奪われてきた。逆に使い勝手位が良い無能な政治家には情報操作を繰り返し、敵対勢力の存在を許さない姿勢が強く、リスクの芽を摘む動きがあらゆる場面でマスコミを総動員して潰したうえで長期政権を維持させてきたとも言える。
 
 愚かにも、米国に日本国民の生命や財産を握られる流れを強め新型コロナのワクチンを米国企業に委ねるごとき売国奴的な流れを強め、日本企業のワクチン4種の承認などを遅らせたままだ。
 
 米国メディアの金儲けである五輪開催を最優先する姿勢は常軌を逸するものであり、どこを見て政治を展開しているのか疑問だ。
 経済制裁などという大風呂敷も継ぎ接ぎだらけというよりも裂けそうなボロ布であり、役に立たない政策ばかりだ。
 無能な与野党議員の論戦という学生気質では国益など守れない。
 戦後政治の清算が必要であり、無能な代議士や官僚に粛清は急務であり、中国軍の日本侵攻が近づいているなか有事に対応できないクズ政治家が跋扈するマスコミの情報工作を問題視すべき状況にある。
     
 国防上から見ても、日本国民の生命を海外政府の思惑に左右差させない日本製ワクチンを利用する事が重要なのが理解できていない政治家など不要だ。

 

     

« ワクチン外交 | トップページ | 東京株式市場は反発 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワクチン外交 | トップページ | 東京株式市場は反発 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ