« 五輪開催を情緒的な情報を繰り返して日本国民の意識を誘導しようとする工作では怒りが静まないことを認識していないマスコミ | トップページ | アクセルを踏む欧米に対し、日本はブレーキになる障害になりかねない五輪開催で感染爆発の起源となりかねない愚かさ »

2021.06.25

酸素不足が脳の老化を早める?


      

 米国と中国の学者らは、マウスを使った実験を行い、血液中で赤血球内における酸素の放出の役割があるたんぱく質
   ADORA2Bタンパク質
の含有量が減少すると記憶力や聴覚が低下し、脳内で炎症が発生し、認識力の低下や早期老化が加速することを発見した。
 ADORA2Bタンパク質は赤血球の膜に存在し、血液から酸素を放出するのに役立つ。
 ただ、その含有量は年齢とともに低下する。
 学者らは、この低下と脳の老化との間に直接的な関連が存在すると考え、マウスで実験を行った。
 
 対照実験では、加齢に伴い、ADORA2Bタンパク質を持たないマウスには、コントロールグループよりも強い認知機能低下の兆候が表れ、脳内炎症のプロセスもより早く進行したという。
 学者らは、若いマウスを酸素欠乏状態に置く実験も行ったところ、ADORA2Bタンパク質を持たないないマウスたちには、通常のマウスよりもはるかに
   強い酸素欠乏
の行動的および生理学的効果が表れた。
 この結果、酸素が不足した場合、ADORA2Bタンパク質が脳への追加の酸素供給を調節していると結論付けた。
 年齢とともに、脳への酸素供給量は低下し、脳の老化速度はADORA2Bタンパク質がどれだけ効果的に機能するかに大きく左右されるとし、学者らはADORA2Bを「アンチエイジング・たんぱく質」と呼んだ。
 なお、脳の老化を防ぐために薬を使ってADORA2Bタンパク質の低下を抑​​制できるかどうかの研究が必要という。
  
ひとこと
 
 脳への酸素不足は睡眠時間が短いことや適当な運動、情報端末の利用などで睡眠直前に脳が活発化することでも起こるため注意が必要だろう。
 ストレートネックで新型うつの症状も出やすくなるという話もある。
 やたら医者が金儲けのためか抗生物質を欧米と比較して多用している日本では痴呆症が多く健康年齢が寿命より10年も低い背景になっているのだろう。
 
 新型コロナ感染症のワクチン接種した場合、インフルエンザワクチン接種による抗体と同様に体内残留期間も気になるところだ。
 
 やはり、耐性を強くするため食事や睡眠、健康に生活することが重要だろう。
 
   
 

« 五輪開催を情緒的な情報を繰り返して日本国民の意識を誘導しようとする工作では怒りが静まないことを認識していないマスコミ | トップページ | アクセルを踏む欧米に対し、日本はブレーキになる障害になりかねない五輪開催で感染爆発の起源となりかねない愚かさ »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 五輪開催を情緒的な情報を繰り返して日本国民の意識を誘導しようとする工作では怒りが静まないことを認識していないマスコミ | トップページ | アクセルを踏む欧米に対し、日本はブレーキになる障害になりかねない五輪開催で感染爆発の起源となりかねない愚かさ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ