« 卑劣な行動を繰り返す中国の本質には常に警戒が必要だろう | トップページ | G7の主要メンバーでもない韓国の文大統領の注目度を捏造するのは失笑もの »

2021.06.18

利上げのタイミング

 

 
 米連邦公開市場委員会(FOMC)は15、16両日に開催した定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定した。

 この決定の一方で2023年末までに2回の利上げを見込んでいることを示唆し、経済が回復する中で利上げ開始時期が前倒しされる可能性が示された。

 FOMCは会合後の声明で、「ワクチン接種の進展により、米国内の新型コロナウイルス感染症(COVID19)の広がりは抑えられてきた」と指摘し、「こうした進展と強力な政策支援が施される中で、経済活動や雇用の指標は強さを増した」と続けた。

 会合では資産購入についても、雇用とインフレに関して「一段と顕著な進展」が見られるまで
   月額1200億ドル(約13兆2000億円)
のペースを続けると表明、今回の政策決定は全会一致だったという。


 この声明と同時に公表された四半期ごとの経済予測では、FOMC参加者18人のうち13人が23年末までに少なくとも1回の利上げがあると予想した。
 
 こうした予想を示したのは3月時点では7人だった。
 また、11人は、同年末までに少なくとも2回利上げがあると予想した。
 早ければ22年中に利上げがあると見込んだ参加者は7人おり、前回の4人から増えた。

 FOMCは、23年末までのインフレ予想を上方修正した。
 金融当局が重視する個人消費支出(PCE)価格指数に関しては、21年に3.4%上昇すると予想した。

 3月時点での予想は2.4%上昇だったが22年については2.1%上昇(3月時点では2%上昇)、23年は2.2%上昇(同2.1%上昇)に予想が引き上げられた。

   

  

    

« 卑劣な行動を繰り返す中国の本質には常に警戒が必要だろう | トップページ | G7の主要メンバーでもない韓国の文大統領の注目度を捏造するのは失笑もの »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 卑劣な行動を繰り返す中国の本質には常に警戒が必要だろう | トップページ | G7の主要メンバーでもない韓国の文大統領の注目度を捏造するのは失笑もの »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ