« 論理矛盾がある阿呆の発言 | トップページ | ルノーと日産の合併を模索した功労者扱いの可能性 »

2021.06.07

対応の誤りが修正できないまま五輪開催に突き進む政府の信頼性は地に落ちている

 
 新型コロナウイルスのワクチン接種で、五輪マフィアの言いなりで国民の意識を無理やり変えようと情報操作を繰り返す、忖度政治家が率いる日本政府は、医療従事者の確保などで工夫を凝らしている自治体の取り組みを総理大臣官邸のホームページで紹介した。
 
 特別給付金などのごとく地方交付税を人質にした無理強いにより住民からの不平を受け入れてきた自治体にさらなる圧力を与えるためか、人員的余裕も少なく、他の業務を棚上げ、あるいは先延ばしにするなどを関節的に強要することになる、7月末までの高齢者の接種完了を実現したい考えで無理やり五輪開催にかじを切ったままだ。
 
 そもそも、ワクチン接種で血栓のリスクなどの副作用の情報は抑制的な情報の取り扱いであるが、2回めの接種で副作用が増え、死亡例も多いが体内でのワクチン抗体の量が人種により異なる可能性もあり、承認を意図的に進めるため欧米のデータを使っているが日本人の治験データが有るのだろうか。また、日本企業が開発した和製ワクチンの承認が度の段階にあるかさえ不明だ。

 

 ワクチン接種の選択権すら日本国民に与えないよう意図的に承認が遅れている感じがある現状や変異種への対応で体内残留期間などの影響からワクチン接種が今後毎年繰り返す必要が出てくるのであれば「承認手続きを特例措置」として扱った欧米ワクチンと同様に和製ワクチンにも適用すべきだ。

 

 治験データが少なければ、和製ワクチン接種のデータ収集として接種する旨明らかにして治験者を募集すれば、欧米ワクチンの胡散臭い生産方法を嫌悪する日本国民が協力することが予想される。

 

 欧米ワクチン接種に過度に傾斜する菅政権では、総理大臣官邸のホームページで、
  ▽医療従事者の確保や
  ▽効率的な接種体制
それに
  ▽大規模接種会場などの項目ごとに、工夫を凝らしている自治体の取り組みを紹介している。
 ただ、タミフルの過度な使用時の問題も、ラムズフェルドが関係した医薬品メーカーへの忖度とも言えるもので、今回も欧米ワクチンを優遇し、日本製ワクチンを無視したかのごとき対応は日本国民を家畜や社畜に無理やり拒否出来ないように周囲からの圧力で欧米のワクチンを接種させる目的があるように見え、やや胡散臭さが感じられる。
 
 奢る平家が滅んだ如き結果を生み状況が近づきつつある。
 マスコミの報道の背景も所詮は五輪開催で利益を得るための、五輪マフィアの一員であり、情報操作で意識誘導をしている節が各所で見られる。
    
    
  

« 論理矛盾がある阿呆の発言 | トップページ | ルノーと日産の合併を模索した功労者扱いの可能性 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 論理矛盾がある阿呆の発言 | トップページ | ルノーと日産の合併を模索した功労者扱いの可能性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

国別政策金利

  • 極めるFX
" href="">

最新スワップ表

  • 極めるFX
" href="">
無料ブログはココログ